腰椎分離症


 成長期にみられる腰痛の原因の一つに腰椎分離症があります。

 腰椎分離症は、腰椎の上・下関節突起の間(関節突起間部)で骨の連続性がなくなっている状態をいい、特に第
5腰椎に多くみられます。(図―1

図−1 腰椎分離部分 





 発症原因には、成長期における激しいスポーツ活動が関連しているといわれ、関節突起間部への度重なるストレスによって生じる疲労骨折であると考えられています。

 症状は、徐々に生じることが多く、腰を伸ばしたときの痛みが特徴的です。痛みは、分離部分の亀裂が進行している時に症状が強くなるので、逆に腰痛が軽快している時点では完全に分離している場合もあります。

 診断は、レントゲン撮影である程度判断できます。さらにCTや,MRIを撮ることで治療方針をたてることができます。CTや、MRIの結果から骨癒合が期待出来ると判断した場合は、運動を休止してギプス固定、もしくは硬性コルセットを2〜4ヶ月間着用して治療します。(図―2

 骨融合がみられるまでの期間は、個人差はありますが3ヶ月から6ヶ月ぐらいです。

 完全に癒合するまでは長期間を要するのでスポーツへの復帰には時間がかかります。治療に際しては、非常に長い期間の休養が必要になりますので、ご家族や、クラブの指導者の方と十分相談の上、本人の意思を尊重して行います。


 図―2 硬性コルセット 

                   コルセット
















 

 コルセット治療の途中や、最初にCTを撮った時点で骨癒合が期待出来ないと判断した場合には、しばらく運動を休止して、痛みに対する治療(電気治療・マッサージ等)や、筋力強化運動を行います。

 腰椎の分離があるからといって将来的に全くスポーツができなくなるということはありませんが、慢性腰痛の原因になったり、のちに腰椎すべり症に移行することもあります。

 治療方針や日常生活での工夫等についてお困り場合はいつでもご相談ください。



               

       

home 


腰椎分離症Uへ