腰痛の治療について

 腰痛の原因は様々なものがあります。

 若い人の場合は、腰椎捻挫、筋・筋膜性腰痛、椎間板ヘルニアなどの病気が多く、老人の方は、変形性腰椎症、骨粗鬆症、腰椎すべり症などの加齢による病気のため痛みを感じます。

    
コルセット
 これらの病気の治療としては、まずコルセットなどを用いて患部の安静を保ちます。

 それと同時に痛み止めや、炎症止めの薬を飲んだり、痛み止めの注射をすることも進められます。








 痛みが少し和らいだ時点で、温かいお風呂に入ってゆっくり温めて下さい。リハビリ治療室で腰を温めたり、低周波電気を用いたり、腰を引っぱったり、マッサージをすることにより痛みを和らげ、筋肉の血行を改善します。

 高齢者の方で骨が脆弱な骨粗鬆症のある場合は、マッサージはかえって痛みが強くなることもありますので、痛みの程度に応じて強さを加減して行っていきます。また、ホットパックなどの温熱療法と電気療法をおすすめします。これらのリハビリ治療は長期間続けても心配ありません。

 以上のリハビリに平行して、腰痛体操もお勧めします。

 湿布は、患部の血行を促し、痛み、炎症を取り除くための薬であり、単に冷やしたり、温めたりするものではありません。冷たく感じる湿布も、温かく感じる湿布もサルチル酸メチル、メントールなどの薬が含まれており、これらの薬が痛みを和らげます。温かい湿布には、とうがらしエキスが含まれているため温かく感じますが、皮膚がかぶれる事がありますので、かぶれるようなことがありましたら遠慮なく申し出て下さい。

 湿布剤には匂い、皮膚への刺激が強いものや、弱いものなど様々なものがありますので好みのものを用いて下さい。当院では、各種シップの処方箋が出せますので、受付でお気軽にお申し付けください。

古東整形外科





home