野球肘内側型



 投球時に生じる肘の障害の多くは、内側型であるといわれています。

発症した年齢によって病態も若干違ってきます。

また、1球だけ投げた時点で痛くなるのと、
投球が積み重なって痛みが発生するのとでは
治療自体が違ってきます。

内側型は外側型に比べて、
投球休止することで、
ほとんど手術しなくても治る可能性が高いという違いもあります。


このページでは、
そういった野球肘「内側型」の病態について
御覧いただきたいと思います。




右肘の内側の解剖図です。

赤で囲んだ部分が「内側側副靭帯の前方線維」です。

左の図は、肘が曲がっている状態です。
左の図は、肘を徐々に伸ばしている状態です。

赤で囲った部分が緊張して、肘がぐらつかないように止めるバンドのような役割を果たしています。
投球時には、左の図のように、内側の靭帯が伸ばされ、損傷が起こります。
子供の場合、骨端線という成長軟骨があり、靭帯が骨端線の部分を引っ張る事で「骨端線部分(軟骨)」が開いてきて炎症を起こし、痛みが生じます。

左の図の黒い太線の部分が「骨端線」です。

子供の肘では、左図のように軟骨が縦に開いたり、横に開いたりする場合があります。

これが子供の「野球肘内側型」の特徴です。

以下、子供の「野球肘内側型」の実際について御覧いただきたいと思います。
右肘               左肘
右肘と、左肘をレントゲン写真で比べて見ると、悪い右肘の方に骨片(青色矢印の先の部分)が見えているのが分かります。
一ヶ月間、投球を休止し、治療した後のレントゲンです。

青色矢印の先に見えている軟骨の骨片がくっついているのが分かります。

この時点で、もう痛みはなくなっています。

ですので、経過観察下での投球運動の許可を出しました。

早期発見、早期治療すれば、この症例の場合と同じく、投球休止だけで治ります。

ですので、投球時に痛みがある場合には、なるべく早く専門医に診てもらうことが大切です。
左の写真は、右投げの投手(11歳)です。

肘を曲げて手を肩につけるようにしても、左は指が肩に付きますが、右の指は肩につきません。








肘を伸ばした場合、左の肘は完全に伸びますが、右肘は伸びない事がわかります。

このように投球を繰り返しているうちに、痛みが生じ、来院時には、すでに肘の可動域の制限を来たしている場合があります。
右肘                左肘
上の患者さんの肘をレントゲン写真で、右左を比べて見ています。

右肘の軟骨(青色矢印の先の部分)がはがれて開いている事が分かります。
同じ患者さんの約1ヶ月半後のレントゲン写真です。

上の青色矢印の先にできていた骨片がくっついているのが分かります。

痛みもなくなったので、経過観察下での投球運動を許可しました。

可動域制限が出てきていても、まだ早い時期ならば投球休止だけで治ります。

ですので、子供さんの場合には、特に早期発見早期治療が肝要であるといえます。
左の写真は中学生の外野手の患者さんです。

2日前に遠投したときに、肘に音がして投球ができなくなったということで、来院されました。

痛みのために腕の曲げる伸ばしが制限され、完全に曲げる事も、伸ばす事もできない状態でした。


左右の肘を比べるために両方のレントゲンを撮って並べると、はっきりと違いが分かります。

右ひじの赤丸で囲んだ部分に、はっきりと骨がはがれた像が見えています。
今回はレントゲンだけではなく、骨片の大きさや位置関係を調べるためにCTを撮りました。

左は立体的な画像で、右はスライスした画像です。
ギプス固定を1ヶ月行った後のレントゲン写真です。

赤丸で囲んだ骨折部分の線が消えている事が分かります。

子供さんの場合には、大人の場合とは違って、即手術というより、固定だけで新しい骨ができてきてくっつく場合がほとんどです。

この患者さんの場合のように、最初から骨折だと分かった場合には、早めに固定してあげる事が早期治癒への道です。
中学1年生の野球部の患者さんのレントゲン写真です。

徐々に痛みが出て、肘の内側が痛くなって来院されました。

レントゲンを撮ってみると、→の先の部分に骨折が見つかりました。
曲げ伸ばしの制限なども見られなかったので、ギプスなどはせずに、1ヶ月の投球禁止のみで経過観察しました。

その結果、1ヶ月で左のレントゲンのように、骨折部分が消えています。
次は、高校1年生の野球部の患者さんのレントゲンです。

1年ぐらい前から、痛くなって投球中止し、良くなって復帰していましたが、再び痛くなってしまいました。

レントゲンを撮ると、で囲んだ部分に骨片が見えています。

この部分には内側の靭帯が付着しており、これだけ骨がはがれてしまうと、骨がついてもとどおりになることは難しくなってきます。

これは別の日に特殊な条件下で撮影したレントゲンです。

肘の内側に負荷をかけて撮影してみると、靭帯が伸びて骨片が動いてしまい、肘の内側の関節の隙間が開いている事が分かります。

このようになってしまうと、肘の不安定感を伴うので、手術したほうが良いだろうということになりました。
左は手術後のレントゲンです。

赤丸で囲んだ部分に骨片が無くなり、靭帯を縫い付けて止めているビスが見えます。

この場合のように、手術した場合には、術後3週間のギプス固定を行い、肘の曲げ伸ばし運動などをしながら徐々に投球のプログラムに入ります。

完全に全力投球できるようになるまで約6ケ月をめどに治療を行っています。


内側型野球肘は、ほとんどの場合投球休止をすることで治ります。

子供さんの場合には
早期発見し、早期治療することが一番大切です!

無理をして痛いのを我慢していると、
靭帯が伸びてしまったり、
さらに肩などのほかの部分にも影響が出てきます。


少しでも肘に違和感があった場合には
早い段階で専門医へ御相談下さい!



早期発見・早期治療して
長く楽しく野球を続けましょう!


怪我に負けずにがんばれ〜!


外側型野球肘については、
下の「NEXT」のリンクバナーからジャンプして、
御覧ください!



home back next top