成長期における野球肘

 

一生懸命野球の練習を行なっている小中学生選手の方に
「野球肘」というスポーツ障害が良く見られます。

このページでは、
「野球肘」とはどういう障害かという説明と、
その治療と予防についてご説明します。


「野球肘」は過度に繰り返される投球動作が誘引となって
肘関節の軟骨部分・靭帯部分・筋や腱の付着部などが
障害を受けて発症するスポーツ傷害です。

野球肘がおこる場所は主に
肘の外側・があります。

治療については、
患部各々の部位に分けてご説明したいと思います。


肘の構造について

下の写真は大人の肘のレントゲン写真です。




下の写真は子供の肘のレントゲン写真です




大人のレントゲン写真との違いは
「骨端線」(青い矢印部分)という未成熟な成長軟骨部分が存在することです。

骨端線や軟骨は、柔らかな組織なので
投球時にストレスがかかると離れたり、
軟骨が部分的に剥がれたりすることがあります。

これが、大人の野球肘とは違うところです。

  上のレントゲン写真と同じように肘を横から見た図です。

肘の内側の靭帯は左の図のように、
前と後ろの線維があって、幅広く扇状に肘を支えています。

特に重要なのは前斜走線維で、肘の安定化を保つ役割を担っています。

野球の投球時にはこの内側の靭帯が緊張し、
肘の内側でストレスがかかっています。

大人の場合、ストレスがかかる靭帯そのものに
故障が発生するのですが、
子どもさんの肘は軟骨の成分が多いため、
靭帯そのものが傷つくことは少なく、
靭帯が付いている骨や軟骨部分で故障が発生する場合がほとんどです。


 
 
子どもさんによく起こる野球肘のタイプには大きく分けて2つあります。

1つは内側の靭帯が付着している上腕骨の内側上顆部分での裂離骨折型です。

もう1つは回内筋群が付着している部分での骨端線離開型です。

いずれも投球による強いストレスが靭帯の付着部や筋肉の付着部である軟骨部分にかかることで生じます。

何度も投球を繰り返すうちに徐々に症状が進んでくるのですが、
なにかの拍子に強い球を投げたことをきっかけに痛みが強くなって、
来院される場合がほとんどです。






発生のメカニズムについて


下の連続写真は小学生のピッチャーの投球フォームをコマ送りにしたものです。
ボールに一番加速力をかけるB〜Cの時に一番肘に負担がかかるといわれています。





当院ではホームビデオを用いて
投球フォームを撮影してしています。

そこで、痛みの原因が
肘や肩に負担のかかる投げ方によって
生じていないかをチェックしています








下の図は、投球時、肘にどのようにしてストレスがかかるのか
ということを図示したものです。

肘の内側では、靭帯が引っ張られたり、
骨端線に引き剥がされるような力がかかります。

一方で、肘の外側では、
関節に圧迫力がかかって、
肘関節の軟骨にストレスがかかります。

こういうストレスが度重なって
肘に炎症が生じ、痛みが発生します。






診断について

診察の流れは以下のように行なわれます。

まず、いつごろから痛くなったのか、どこが痛いのかなどの問診を行ないます。

診断にはレントゲン・エコー・CT・MRIなどの各種検査がありますが、
患者様の症状に応じて、これらの検査の中から必要なものを選んで行ないます。

ですので、全ての患者様に、以下の各種検査全てを行なうわけではありません。







治療について


治療は痛みがある個所について、
痛みを和らげる治療を行います。

しかし、普段の練習の中でのケアーがひつようなので、
ストレッチなどの指導をします。

さらに、再発予防のため、
肘に負担のかからない投球フォームの指導を行います。

       

痛みがなくなったら、治ったと考えるのが普通ですが、
再発しては意味がありません。

肘に負担がかからない投球フォームを身につけていただけるように、
鏡の前に立って、自分の投球フォームを見ながら、
肘に負担のかからないフォームを獲得していただけるよう、
当院スタッフも患者さんと一緒にがんばります!




野球肘は、早期発見、早期治療がとても大切です。

早期発見・治療を行なうと、約6ヶ月ぐらいで治る場合がほとんどです。

しかし、長期間放置していると、
軟骨などが剥離し、手術になる場合もでてきます。

長く、楽しく野球を続けるためにも、
違和感を感じたら早く医療機関へ行かれることをお勧めします。



野球肘内側と外側については、
別ページで説明させていただきます。









野球肘内側のページへ    野球肘外側のページへ



home  top