どんなお薬を使うのですか?


 


骨粗鬆症の治療に使うお薬は、「ビスフォスフォネート製剤」といいます。
以下、お薬について具体的に説明していきます。

 基本的に毎朝1錠飲むお薬ですが、最近では1週間に1回飲めばいいタイプのお薬もあります。

毎朝飲むタイプがいいのか、1週間に1回飲むタイプがいいのかは、
患者さんのライフスタイルに合わせて、
処方させていただきます。







どうして、こういうお薬を飲まなければならないのか
以下でご説明します。

以下、以前のページでも出てい内容ですが、
大切なことなので、
もう一度ここで復習させていただきます。

骨は常に骨吸収と、骨新生という作用が働き、
古い骨がつぶされて新しい骨が作り出されています。
このバランスが取れているうちは骨は健康な状態に保たれます。

若年者の骨

健康な骨の図

 上の図のように 若い骨は骨吸収と骨新生が バランスよく行われます。







老年者の骨

年をとった骨は骨新生が追いつかなくなってもろくなってきます。




そこで、「ビスフォスフォネート製剤」は
骨吸収を抑制する作用があり
結果として骨量を増加させていきます。

以下のグラフを見ていただくと、
「ビスフォスフォネート製剤」がいかに効果的であるかが、
お分かりいただけると思います。




他の薬剤に比べて、効果が高いので、
「ビスフォスフォネート製剤」は第一選択薬(真っ先に使用する薬)として認められています。






骨粗鬆症の治療の目標は以下です。

強い骨を作ること
骨折を予防すること
寝たきりにならないこと


強い骨=骨密度+骨質
↓           ↓          ↓
丈夫な建物=十分なセメント+良質な鉄骨



骨粗鬆症を予防して
丈夫な骨を作り、
健康な生活を送っていただきたいと思います。











この薬の飲み方



服薬指導箋には
「朝起きてすぐ飲んでください」とか
「お薬を飲んだ後30分間は横にならないようにしましょう」
などの日常では到底無理な内容が記載されています。




しかし、こういうのは到底無理だとおっしゃる方も多いことと思います。



そこで、
当院では来院された患者さんに対して
2004年2月に服薬方法について
「マルゼン薬局」様のご協力も得て
以下のようなアンケート調査を行いました。




そして、以下のような結果を得ました。





Aは継続してお薬を飲んでくださった方、Bはお薬を飲むことをやめてしまわれた方です。

この結果から、
両者に大きな差の出たところを赤矢印で示しています。

以上の結果から
病状をしっかりと患者さんに理解していただき、
お薬の必要性を十分に納得していただくことが
まず重要であるとスタッフは考えました。

また、薬の飲み方も紋切り型にならずに
その方の生活状態に合わせて
飲みやすくしていただくことも
必要であると思いました。



より患者さんに薬を飲んでいただきやすいように
当院では以下のようにご説明させていただいております。

以下、
製薬会社の服薬指導箋と
実際に当院での服薬指導の違いを

見ていただきたいと思います。











Doctorー


当院では患者さんのライフスタイルに合った
服薬指導をさせていただいております。



Q:「朝起きたらすぐに飲んでください」といわれてもなかなか飲めません。


A:昼食前や、夕食前の空腹時なら、いつでも飲んでいただいて結構です。






Q:「180ccの水で飲め」といわれてもムリです!

A:のどに引っかからない程度の量の水で結構です。

  朝の水分補給は健康に良いので、
  薬を飲むには少しの量で良いので、
  水を飲む習慣をつけるぐらいの軽い気持ちで飲んでみてください。


  水の量は少なくてもかまいませんが、
  
お茶やジュース、牛乳などと一緒に飲まないでください! 

  水以外の食べ物や飲み物に、お薬がくっついてしまうため、
  体内に吸収されなくなり、薬の効果が出ません!


 


先生!

薬を飲むとき、まるまるコップ1杯の水で薬を飲めっていわれても、そんなの多すぎて飲めませんわ〜!

私の飲めるのは、せいぜい小さい湯飲み程度です〜。
コップ一杯の水って、そんなにこだわらなくてもいいんですよ〜。

いつもの湯のみ茶碗で、自分が飲める程度でいいんですよ〜。

要は、きちんとお薬が胃に届けばいいんです。
数ケ月後
あれ〜?

お薬を飲んでるはずなのに、検査結果に変化が無いなぁ?

どうしてなのかな〜?

お薬、どうやって飲んでますか?


先生に言われたとおり、ちゃんと毎朝飲んでますよ!

湯のみ1杯の麦茶で〜!
な〜るほど!

それが原因だ〜!

お薬は、水で飲んでくださいね〜。

じゃないと、お薬の効果が出ませんよ〜。
え〜!

麦茶じゃだめなの〜!

知らなかった!

水も麦茶も同じじゃないの?
水以外の食品や飲み物、ジュース、牛乳などと一緒に薬を飲むと、これらに薬の成分がくっついてしまい、体内にお薬が吸収されなくなってしまうんですよ〜。

だから、薬を飲むときは水で飲んでくださいね〜。
へ〜ぇ!

そうなんですか!

知らなかったわ〜。

じゃ、これからは薬を飲むときには水にしますわ〜。
そうですね!

せっかくお薬を飲んでも効果が出ないのは残念ですよね!

ですので、必ず水でお薬を飲んでくださいね!










Q:「30分は横にならないようにしましょう」って、いわれてもムリです!

A:ずっと動かずに、30分間いてくださいということではありません。
  朝起きてから、身支度したり食事の支度やお散歩など、なにかしているうちに時間は経ちます。








Q:今はどこも痛くないのに薬を飲まなければいけないの?

A:痛みを除くことが目的ではなく、あくまで「骨がつぶれる」ことへの予防です。
  お薬は効果がありますので、詳しくはお薬の効果のページを御覧ください。







Q:「副作用かも?」と思ったら

A:まず、医師に御相談ください。
  その上で、少し休薬していただいてもかまいません。





以上の当院での投薬指導について、
エーザイのホームページでも取り上げられました。

エーザイのホームページは、
以下のバナーから御覧いただけます。

エーザイHPへ

エーザイのホームページから、
当院ホームページへ戻ってくるには、
ブラウザの画面左上の「戻る」ボタンをクリックしてください。



home back next top