「古東整形外科」 「手術をしなくても治せる可能性のある病気や怪我シリーズ」より

骨癒合した有痛性分裂膝蓋骨
(ギプス固定療法)


  先の保存療法では、運動を休止して経過観察をすることで、骨癒合をえることができました。


以上のことから、分裂膝蓋骨の成因は先天性といわれていましたが、
多くの患者さんの治療に実際に関わっていくうちに、
筋の牽引力により生じた裂離骨折であるとわかりました。



骨癒合の可能性が残されている若年層の患者さんには、
骨癒合を目的とした保存療法(固定療法)を行い、
ほとんどの方が骨癒合しています。


以前は、先天性といわれていたために、
子供たちが膝の痛みを訴えていても、処置することなく放置し、
痛みをこらえながらスポーツを行っていました。

しかし、裂離骨折であるので、きちんと固定を行い、
スポーツを一時中止すれば、骨癒合が得られます。





有痛性分裂膝蓋骨で、当院を受診された方

 






以下で、裂離骨折によって生じる分裂膝蓋骨について詳しくご説明いたします。

疼痛発生の成因

   
 上の図は上から膝のお皿を見ている絵です。

分裂部分に外側から靭帯や筋肉が付着しています。
 膝を曲げたり、ジャンプで着地したりすると、
矢印@・A・Bのような力が働き、
Bの矢印の部分を支点として、
分裂部分が広がるような力が働きます。


 
 上の図は、右膝を正面から見た図です。

外側広筋が分裂骨片を斜め上に引っ張るような作用が生じます。






 以下で、ギプス固定を行い、骨癒合が得られた方の経過をご紹介します。

  11歳の男の子です。

左膝の痛みを訴えて来院されました。

3か月前より、痛みがあり、近くの病院を2件回って、
分裂膝蓋骨との診断を受けました。

3日前に、サッカーをしていて転倒し、左膝を強打し、
痛みが強くなったので、当院を受診されました。

左のレントゲンは正面から撮影した初診時のものです。

痛みを訴えている赤色矢印の部分に分裂した骨片が認められました。

痛みを訴えていない右膝の青色矢印の部分にも、
分裂した骨片が認められました。

  左のレントゲンは膝を立ててとったレントゲン写真です。

左膝蓋骨の外側に分裂した骨片がありました。

右膝蓋骨の外側にも分裂した骨片がありますが、
痛みのある左膝にギプス固定を行い、
スポーツの中止を指示しました。 
  左のレントゲンは、分裂部を拡大したものです。

赤色矢印の部分で分裂しているのがわかります。 
  詳細に分裂部を確認するため、CT撮影を行いました。

それぞれの方向から撮影した写真で、
はっきりと分裂部の状態が確認できました。 
初診後1カ月のレントゲン写真です。

赤色矢印でしめした分裂部は
初診時のレントゲンより不明瞭になってきていることがわかります。
  初診時より2ヶ月後のCT画像です。

赤色矢印で示した分裂部の間隙は消失し、
骨癒合していることが確認できました。 

骨癒合が認められたため、スポーツ復帰を許可しました。
 
  11歳の男の子です。

左膝の痛みを訴えて来院されました。 

4か月前、サッカーをしていて膝を地面にぶつけてから、
痛みが続くという事で来院されました。

左のレントゲンは初診時のものです。

赤色矢印で示した膝蓋骨外側部に分裂した骨片が認められました。
  左のレントゲンは膝を立ててとったレントゲン写真です。

赤色矢印で示した部分に分裂した骨片が確認できます。

レントゲンでは分裂部をより詳しく見るために、CT撮影を行いました。
 
  左の写真はCT画像です。

赤色矢印の部分ではっきりと分裂部の状態が確認できました。 

治療は、ギプス固定とスポーツ中止を行いました。
  左のCTは初診時より2ヵ月のものです。

赤色矢印で示した分裂部の間隙は消失しており、
骨癒合していることがわかります。

骨癒合が認められたため、スポーツ復帰を許可しました。
 
 
  11歳の男の子です。

両膝の痛みを訴えて来院されました。

2ヵ月前、サッカーをしていて左膝が痛くなり、
近隣の整形外科で分裂膝蓋骨と診断されました。

2日前より右膝にも痛みが出現してきたため、
当院を受診されました。

左のレントゲンは初診時のものです。

赤色矢印の部分に分裂した骨片が認められます。 
  左のレントゲンは膝を立ててとったレントゲン写真です。

赤色矢印の部分で分裂していることがわかります。

しかし、はっきりとした状態がわかりにくいため、
CT撮影を行いました。

  左のCTは正面から撮影したものです。

分裂部の状態がはっきりと確認できます、  
  別の角度から撮影したCT 画像でも、
分裂部の状態が、はっきりと確認できます。

痛みが強かった左膝にギプスの固定を行い、
スポーツ中止を指示しました。
  左のレントゲンは、初診時より2週間後のものです。

赤色矢印の部分で、
分裂した部分が不明瞭になってきていることがわかります。 
  左のレントゲンは、違う角度から撮影したものです。

赤色矢印で示した分裂部は不明瞭になってきており、
骨癒合に向かっているということがわかります。 
  初診時より2ヶ月後のCT画像です。 

赤色矢印で示した分裂部の間隙は消失しており、
骨癒合していることがわかります。


 
  違う角度から撮影したCT画像でも、骨癒合していることが確認できたので、 
骨癒合と判断し、スポーツ復帰を許可しました。
 
 
左の写真は当院初診時の外観です。

右膝の外側の痛みを訴えて来られました。

2日前に、運動会でカーブを走っている際、
他の人の膝が右膝の外側に当たって受傷したもようです。
(転倒したりしたわけではありません。)

その後、膝の腫れがひどくなり膝の曲げ伸ばし時の痛みが増強したため
近隣の整骨院を通じて当院を紹介され、来院されました。
左のCTの画像で赤丸がついている部分の骨が、
左上から側面にかけて割れているのがわかります。

分裂膝蓋骨であると判断して、経過を観察することとしましたが、
痛みも強く、膝の腫れも著しいので、ギブス固定を行なうことにしました。

膝を立てた状態でとったレントゲン写真です。

明らかに膝の外側に分裂した骨片があるのが分かります。

実は反対側(左側)にも分裂があるのがわかります。
(左側には痛みなど自覚症状はありません。)

右側も、骨折なのか分裂膝蓋骨なのか迷うところですが、
左側と比べることで、分裂膝蓋骨が潜在的にあって、
右側はぶつかることで症状が顕在化し、
痛みも出てきたと考えられます。
初診時のレントゲン写真を拡大したものです。

ギプス固定して、1ヵ月後のレントゲン写真です。

当初あった分裂部分の線が消えて、
骨癒合が得られた(骨がくっついた)ことがわかります。
上の写真と同じ1ヵ月後の膝を左右比較したレントゲン写真です。

右側の膝は、ほぼ分裂している線はみられません。

しかし、左側にはまだ分裂した線が見られます。
(痛みなど自覚症状は無いようです。)
上記の時点で、ギプス固定からサポーター療法に変わりました。

このサポータは写真で分かるように、前開きのサポーターです。

U字型のパットは本来右外側についているのですが、
外側広筋の伸展を止める為に、あえて膝の斜め上に移動させました。

こうすることで、外側広筋によって、
膝のお皿の骨が引っ張られるのを防ぎ、骨をサポートします。

初診時から2ヶ月経った時点でのレントゲン写真です。

完全に分裂していた部分の骨融合がみられます。
(骨がちゃんとくっついています。)

痛みなどの自覚症状も無く、
膝の屈伸も問題なくできるようになっていましたので、
クラブ活動も許可されました。
左のレントゲン写真は、13歳の野球部所属の男性です。

2ヶ月前に徐々に痛み始めて、
1か月前の運動会で走って、激痛をおぼえて病院へ行かれました。

近くの整形外科で分裂膝蓋骨と診断されて、
シップと痛み止めの注射で様子を見ておられましたが、
痛みが無くならないので、
当院のホームページをご覧になって御来院になりました。

赤色矢印の先が示している部分で、
膝蓋骨が割れていることがわかります。
  より詳しく見るために、CT撮影をしてみると、
膝蓋骨の外側に分裂骨片が見られました。
 
  別の角度から見てみると、
少し分裂部分の隙間が開いているように写りましたが、
怪我をしたきっかけがはっきりわかっていて、
なおかつ、以前の方とよく似た分裂部分の形態をしていたので、
ギプスを半分にして、取り外しができるような状態にして、
固定を行いました。 
  しかし、取り外しが可能であったら、患部の安静が図れないと判断して、
ギプス固定に切り替えました。

その結果、初診時から約4週間ギプス固定を行いました。

固定中のリハビリに関しては、
当院リハビリスタッフOBの整骨院にて行っていただきました。

 
  ギプス固定を始めてから2週間後のレントゲンです。

初診時に比べて分裂部分の隙間(赤色矢印の先)が
ぼやけて埋まって来ているように見えます。


経過がいいので、ギプスを巻きなおして、
固定療法を続けました。
  初診時から約2月後のレントゲンです。

完全に分裂部分の骨が埋まり(赤色矢印の先)、
骨癒合が確認できました。


運動時はサポーターをつけていただいています。

しかし、プレー自体には問題なく、
痛みも消失してクラブ活動に復帰しておられます。

痛みが再び出るようなら、
運動量を減らすなどの指示を出し、
その後も経過を見ています。


  このように早い時点で分裂膝蓋骨が発見できれば、
手術無しで骨癒合する可能性がかなり高いことが分かります。



  早期発見が、早期治療につながります。

  スポーツをやっておられるお子さんで、膝周りの痛みがある場合には、
早い段階で医療機関へ行かれ、適切な治療を受けられることをお勧めします。



home