手の痺れ
(手根管症候群)



手根管症候群でお悩みの方々へ

手根管症候群に対しては以下のように治療しています。


まずは保存療法(固定など)を行います。

ナイトスプリント ナイトスプリント2 

上の写真はナイトスプリントといいます。


1ヶ月位の間、夜間のみ固定します。




ncv  
 (
NCV) 神経の障害の程度を調べます。



















手術適応は、1、痛みが強く、日常動作や就労に差し支えが生じている場合

      2、症状が長期に及んだ結果、母指の筋萎縮が生じている場合

      3、固定療法を行ってもなお、夜間痛や指の運動障害等が軽快しない場合






手術の方法は


手根管の解剖図     手根管の皮切
      (図1)

横手根靭帯(図1)を切開して神経の圧迫を取り除きます。

手術時間は準備を含めて1時間30分くらいです。実質の手術時間は30分くらいです。

術後の傷
手根管手術直後の傷跡


固定は包帯のみで行います。
手術後の包帯固定


手術後は三角巾で吊り、帰宅します。
三角巾で手を吊ります。






術後の予定は

点滴(抗生剤入り);2〜3日

消毒;1週間ぐらいまで連日

抜糸;約1週間後

患部の固定;1週間程度

入浴;患部を濡らさなければ翌日より可能

食事;手術当日は軽食で

リハビリ;翌日より指先の運動を開始

 

手術後の経過は術前の症状の程度や、罹病期間によって個人差がありますが、仕事や家事に早期に復帰できます。入院の必要はありません。

指の痺れ感や痛みでお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 



 HOME BACK next top