腰椎分離症



 成長期のスポーツ選手にみられる腰痛の原因として「腰椎分離症」があります。

「腰椎分離症」の発生原因は疲労骨折であると考えられています。

「腰椎分離症」の治療方法は色々ありますが、
当院では、早期発見につとめ、
出来るだけ骨折部分を癒合させることで
スポーツ復帰することを目指します。


当院では、骨折部分を完全癒合させることで、
将来「慢性腰痛」になったり「分離すべり症」にならないということを
第一に考えて治療にあったっています。



こういう腰痛が出ていませんか? 10代前半の成長期のお子さんで、
運動を一生懸命やっておられて、
急に腰が痛くなったということはありませんか?

あるいは、運動時には腰が痛いけれど、
普段はなんとも無いというようなことはありませんか?

普通に運動を続けることは可能でも、
背中をそらしたりすると痛むという症状がありませんか?

こういう場合には「腰椎分離症」を疑ってみた方がよいかもしれません。
分離症が多発する部分の図 腰椎分離症は、腰椎ならばどこでも起こるというわけではありません。



左の図の丸で囲んだ部分に「腰椎分離症」が、よくおこると考えられています。



つまり、腰の下側の部分によくみられるということですね。
分離症が発生している図 左の図は、上の図で丸で囲んだ部分を拡大したものです。

腰椎分離症は第5腰椎部分に多くみられるといわれています。

左の図で見られる様に、腰椎の後ろ半分は「椎弓(ついきゅう)」といって、リング状の構造をしています。

この部分が、過度の運動によって度重なるストレスを受け、徐々にひび割れてくることで、分離が起こります。
分離症が発生している骨を横から見ている図 左の図は、分離部分を斜め横から見たものです。

赤矢印の先の部分の骨が欠けてしまって分離しています。

分離症のレントゲン画像 レントゲンを撮ると、左のように写ります。

レントゲンを撮る時点で、左の図に見られるように、
はっきり分離部分が見える場合と、見えない場合があります。

ですので、レントゲンは前後だけではなく、
斜め横などの色々な角度から撮る必要があります。

レントゲン1レントゲン2 実際のレントゲンを見ていただくと、
赤矢印の先に分離部分があるのですが、
さほどはっきりとは見えないということが
お分かりいただけると思います。

そこで、当院では、
患者様の症状から「脊椎分離症」が疑われる場合には
レントゲンだけでなく、さらにCTやMRIを撮り、
分離部分の癒合(骨がくっつくこと)が可能がどうかを判断して、治療にあたります。
CTは、左の図の青い線の範囲を撮ります。

この線の範囲を撮ることで、
はっきりと分離部分の状態がわかります。

CT立体画像
上の図のようにCTを撮ると、左の写真のようになります。

左の図は「3DCT」といって、立体画像になっています。
ピンクの→がついているところが分離しています。

右のCT画像は赤丸の部分に分離が見られます。
MRI画像1MRI画像2 左の2枚の画像はMRIです。今度は身体を正面から見て縦割りにしています。赤丸で囲ったところが腰椎の「椎弓」部分です。

2枚は同時に撮った画像ですが、条件を変えることで画像が反映するものが変わります。

2枚の写真で、○印をつけた「椎弓」部分の色が変わっています。このように色が変わるということは、疲労骨折が起こっていると疑われるということです。
コルセット正面コルセット横







コルセット後ろ
レントゲンやCT、MRIの総合的な判定結果によって、
骨の癒合が可能であると判断された場合には、
ご本人やご家族、指導者の方々に同意を得て、
固定療法を行ないます。

左の写真は「硬性コルセット」といって、
ご本人の身体に合わせたオーダーメイドのコルセットです。

「腰椎分離症」が早期に見つかった場合には、
このように固定してあげることで、
治療が可能です。

言い換えれば、出来るだけ早期に症状を発見し、
治療すれば、骨はくっつきやすく、
発見が遅れれば、遅れるほど骨はくっつきにくくなります。

ですので、各患者さんの症状によって固定期間は変わってきます。
MRI画像3 実際の患者さんの治療の過程をご紹介します。

9歳のフィギアスケート部に所属している患者さんのMRIです。

半年ほど前から痛みがあって御家の近所の整骨院に通っておられましたが、痛みが引かないので、当院を紹介され、受診されました。

ピンクの→の部分の「椎弓」に変化が見られます。
骨のCT画像2骨のレントゲン画像 さらに、CTを撮って分離部分の状態を確認しました。

年齢からいっても、骨の癒合が十分可能だと考えられましたので、、ご家族・ご本人と相談の上で固定療法を行ないました。
くっついてきた骨の画像 同じ患者さんの6ヵ月後のCTです。

上の写真と比べると、隙間が埋まってきているのがわかります。

この時点で、すでに完全に痛みは消え、スポーツ復帰を許可しました。
骨の画像 初診から1年後の同じ患者さんのCTです。

完全に隙間が埋まっているのが分かります。

スポーツも、以前と同じように問題なくできています。

その後の予後も非常に良好です。




「腰椎分離症」は早期発見すれば、早期に治癒できます!

「腰椎分離症」を治療せず放置しておくと、大人になってから「分離すべり症」などの
慢性腰痛の原因になることもあります。





「分離すべり症」とは、
分離した腰椎が腰の骨を支えられないために
椎間板(青い楕円形の部分)に過度のストレスがかかり、
支持性が弱くなってしまいます。

そのために、赤矢印のように、腰椎が前に滑り落ちてきてきます。
 
左の写真は、第4腰椎の「分離すべり症」の方のレントゲン写真です。腰椎が滑り落ちているのがわかります。

右の図のように、腰椎の後ろにある「脊柱管」を走る神経が圧迫されて、腰痛や足のしびれなどをおこす場合があります。


 「腰椎分離症」や「分離すべり症」が、
必ずしもひどい腰痛などになるというわけではありません。

しかし、「腰椎分離症」を早期に発見し、
早期に治癒しておけば、
こういったリスクを最小限にすることが出来ます。

ですので、
「腰椎分離症」は、
早期発見・早期治療をしていただきたいと思います。




home