ロコモティブシンドロームに
ならないために!


骨粗鬆症について、このホームページでも長年お伝えしてきましたが、
骨粗鬆症も含めて、高齢者におこる問題をより総合的に考え、
より良い高齢化社会を生き抜く方法を
このページでは考えてみたいと思います。

そこで登場してくるのが「ロコモティブシンドローム」という問題です。

最近TVや新聞紙上で「ロコモティブシンドローム」というのをよく目にしますね?

でも、「ロコモティブシンドローム」とはどんなものをいうのでしょうか?

また、「ロコモティブシンドローム」に対処するにはどうすればいいのか、
見ていただきたいと思います。 




「ロコモティブシンドローム」とは、
骨、関節、運動器の働きが衰えることを総合的に表したものです。

例えば、階段を上るのに手すりが必要であったり、
横断歩道を青信号で渡り切れなかったり、
15分ぐらい続けて歩けなかったりするなど、
運動機能の衰え全体がこれに当てはまります。


「ロコモティブシンドローム」は直接命にかかわるものではありませんが、
放置しておくと、要介護になったり、
寝たきりになる原因へとつながっていきます。


最初は15分ぐらい続けて歩けない状態から、
屋内を歩けない状態へ、
さらに、座ることすら出来ない状態へと、
運動機能は衰えていきます。








予防運動しませんか?



足腰の弱っているのを年のせいだとほおっておかずに、
予防対策をしませんか?


いつまでも、自分の足で歩くことが出来る。

それが、生活の質を向上させることになりますよね?

ロコモティブシンドローム改善のために、
有効な方法は「予防運動」です。

ここで扱う予防運動はお家でもできる簡単な筋力トレーニングです。

以下で、詳しく御覧頂きたいと思います。



御自宅で出来る予防運動


以下で御覧いただくのは、ロコモティブシンドロームの予防や改善のために行う運動です。

以下で、概要をご説明しますが、
詳しくは、リハビリルームでスタッフにお尋ねください。

ダイナミックフラミンゴ療法
基本型






片足で立ち、
床に着かない程度に片足を上げます。

この姿勢で左右1分間保ちます。

この運動を1日3回行います。
負担軽減型




机などの安定したものにつかまり、
片足を上げます。

この姿勢で左右1分間保ちます。

この運動を1日3回行います。

初めは机などに手をついて、
安全に行いましょう。

慣れてきたら、指だけで支えたり、
だんだんと支えを減らしていくと良いと思います。
発展型


基本型でまだ余裕がある方は
発展型へ挑戦してみましょう!

片足を上げた状態で、他の動作を取り入れます。

例えば、靴下や、靴に触ってみる、
足を横や後ろに上げてみるなどの動作を入れます。

ただし、あくまでも転倒しない、
安全な範囲で行ってください!


スクワット
背筋をのばし、肩幅より少し広めに足を開きます。
足は踵から30°ぐらい開きます。
体重が体の真ん中に来るように立ちましょう。
左の図の状態から、椅子に腰掛けるような気持ちで、
息を吐きながら、お尻をゆっくりと下ろします。
つま先の上に膝を乗せていく感覚で行うと良いと思います。
これを5〜6回、1日3回行ってください。
負担軽減型

椅子に座った状態から、腰を上げます。

つかまり立ちできる方は、机に手をついてゆっくり立ち、
椅子にゆっくりと座る動作を繰り返します。

これを5〜6回、1日3回行ってください。



足踏みトレーニング
ゆっくりとバランスを取りながら、
足踏みをします。

片足をおろした際は、
足の裏で、しっかりと床を踏みしめます。

床を踏みしめて、
しばらくその姿勢を保ちます。

左のアニメーションぐらいのテンポで
行うといいと思います。




腰掛体操
基本形


今度は椅子に座って、ボールや枕などを膝にはさみ、
つぶしていきます。

つぶした状態で2〜3秒保持します。

それを繰り返します。

発展系

基本形に慣れてきたら、
膝を締めた後に
左の図のように
膝から下を前に伸ばす運動を加えてもいいと思います。



上記の運動は、必ず無理のない範囲で行ってください。


痛みがあるときには、無理せずにお休みしてください。



この運動は出来るが、あの運動は無理など、
状態は十人十色で違います。

上記の運動はあくまでも、
一般的なものです。


ですので、
上記以外の軽減型運動や、発展型運動など、
患者さん個人個人にあったメニューを当院ではカスタマイズさせていただきます。


予防運動について詳しくは、
リハビリスタッフにお気軽にご質問ください。




home back top