W) 患者さんにあった固定療法を行います。

 

 



骨折、脱臼、靭帯損傷等、急性期においては固定が必要な疾患もあります。しかし、ギプスをした状態では仕事や学校で不自由となります。そこで当院では、疾患の程度を見極めた上で、取り外しが可能なギプスや装具を用いて、少しでも日常生活に支障をきたさないような工夫も行っています。

 

 
中手骨骨折の固定(ポリキャスト使用)
ギブス固定とは違って、指を自由に動かすことができます。

 

外傷性肩関節脱臼 
外傷性肩関節脱臼(初回脱臼時)の固定
外旋位で行います。

取り外しが可能で、
固定中も肘や手首が自由に動かせます。








但し、疾患によってはギプス固定が最善であることもあります。そのときには、患者さんに納得していただけるようにリハビリスタッフからご説明させていただいた上で治療をさせていただきます。

 

ギブス
足関節外側靱帯損傷のギブス固定







一般的な固定ギブスだけでなく、取り外しができるギブスもあります。

ギプスシャーレ1ギプスシャーレ1


ギプスシャーレはギプスを巻いてから取り外しができるように加工したものです。

足関節外側靱帯損傷や、骨折後の固定に用いたりします。



U字帯 U字帯に包帯を巻いているところ U字帯に包帯を巻いているところ横から。





U字ギブス固定は、ギブスを板状にして加工しています。

取り外しが可能で、固定中も靴を履くことができます。

足関節外側靭帯損傷などに用います。





     HOME BACK next top