古東整形外科

熱中症から体を守りましょう!


暑い季節になってきて、
屋外でのスポーツ活動の機会も増えてきます。

整形外科の専門分野ではありませんが、
スポーツを愛するすべての方に、
安全にスポーツを行っていただくために、

熱中症対策を取り上げることにしました。


以下、このページでは、
熱中症が起こる原因や、
その対策などを見ていただきたいと思います。



熱中症はどうして起こるの?




熱中症は、体温調節システムが働かなくなって起こります。

体温システムとは、
体の深部体温を常に約37度の状態に保つ
いわばサーモスタットの役割をいいます。


運動によって、体温が上昇する。













脳が暑さを感じて、37度に体温を保とうと命令を出す。













血液中の水分が汗腺から汗として出るときの気化熱で体温を下げる。(湿性熱放射)


上記の図のようなシステムで、
体は常に体温を約37度に保つようにコントロールしています。

しかし、この体温調節機能にも限界があり、
この限界を超えると、
熱中症を発症します。




どんな症状が起こるの?

熱中症はスポーツをする年代層だけのものではありません。

年間発症率からいえば、
10歳代から20歳代の次に多いのは、
70歳代から80歳代の方です。

熱中症は症状の重症度によって、3つのタイプに分かれます。

若い人に多いのは、T〜U度の軽い症状のものですが、
高齢者では、V度の重症化した症状が割合として増えてきます。

それぞれ次のような症状がでます。


T度
熱失神
熱けいれん
原因

熱を放出するために皮膚に血液が集まり、
血圧が低下する。

そして、脳に運ばれる血液が減り、
熱失神が起こります。
原因

汗とともに、ナトリウムが排出されるため、
体内のナトリウム不足により、
筋肉のけいれんが起こります。




U度
  熱疲労 
 

頭痛

吐き気

倦怠感

ボーっとする
原因

発汗により、体内の水分が不足する。



V度 
熱射病
 
意識障害
 
行動障害
 
過呼吸
 
ショック症状
 
高体温


意識がないなど、V度の症状が見られた場合には、
直ちに医療機関へかかる必要があります。

これを放置しておくと、
命に関わる重大な事態となります。


V度の重症者は、高齢者に多く見受けられます。

これは、高齢になると、
体温調節機能がうまく働かなくなるためだといわれています。

家族や、周りの人は気をつけてあげてください。



home next top