古東整形外科

ミラーボックス
〜片麻痺・幻肢用治療器具〜

脳血管障害による片麻痺の患者さんの治療に使いたいと思い、ミラーボックスを作成しました。

カリフォルニア大学サンディエゴ校神経科学研究所所長のラマチャンドラン博士が開発した治療法です。
これは、視覚的フィードバックを利用して、脳の可塑性を促すものです。

鏡に映っている非麻痺側の手を見ながら動かすことで、まるで麻痺側の手が麻痺していないかのように見え、その情報が脳に送られ、手の運動を司る神経ネットワークが活性化されるのです。


この方法は、片麻痺になって10年以上経過した患者さんにも適応とされています。

 ミラーボックス
完成したのが上の写真です。

★作成方法★
ミラーボックスの作り方1  ミラーボックスの作り方2
四角い段ボール箱にコンパスなどで円を描きます。
その上を切り取り、写真のように穴を2つ(または4つ)開け、
箱の中心に鏡を固定して設置するだけです。

鏡は両面についている方が使いやすいですが、
両面の鏡で大きいものになるとなかなか無く、あっても高価だと思うので、
片面の鏡で十分だと思います。(このボックスも片面の鏡を使っています)
ミラーボックスの作り方3
  ミラーボックスの作り方4
コンパスで円形の下書きをしてから、カッターで穴を開けていきます。
手が楽に入るぐらいの大きさに開けます。
位置的には、左右の位置は肩幅ぐらいに広げた手が入るぐらいの位置にします。
上下の位置は、使う時の状況を考慮して使いやすい位置にして下さい。


 ミラーボックスの作り方5
  
これぐらいの穴になります。

下に色々な角度からの写真を載せます。
ミラーボックスの作り方6
  ミラーボックスの作り方7  ミラーボックスの作り方8
※怪我の防止やミラーボックスの故障の防止のため、枠の縁にテーピングを貼ってあります。





【使用法】
〜 1人で行う時 

        

両手を穴から入れます。
片麻痺の患者さんの非麻痺側(麻痺していない側)が鏡側になるようにして下さい。
そして、鏡をのぞき込みながら、左右の手で同じ動きをします。
(手が動かない場合は麻痺側が動くことを強くイメージする。)


手をいろいろ動かして下さい。
特に麻痺側の手が動きにくい動きをすると良いと思います。


この写真のように
洗顔するような動作をしても効果的です。




このように手を合わせるような動作もいいでしょう。


この時、麻痺側の手が視覚に入らないように注意しましょう。
(脳が鏡の手と麻痺の手で混乱しないようにするため)
1日2回、一回につき10分程度行いましょう。
(就寝前に行うとより効果的です!)

 







〜 2人で行う時 〜

 肩の運動(屈曲・伸展) 

 



前腕部の運動(回内・回外) 



指の運動(母指対立動作) 
人差し指


中指


薬指


小指


健側の手の動きに合わせて、麻痺側の手を介助者が他動的に動かします。
患者の健側の手の動きと一致するように心掛けましょう。

この時も一人の時と同様に、
麻痺側の手が視覚に入らないように注意しましょう。
(脳が鏡の手と麻痺の手で混乱しないようにするため)
1日2回、一回につき10分程度行いましょう。
(就寝前に行うとより効果的です!)

 

 

【留意点】

 集中できるような環境を作りましょう。
 痛み、不快感を覚えた時は中止しましょう。



home back