骨粗鬆症の診断

皆さんに知っていただきたいのは、
どういう基準で「骨粗鬆症」と診断されるかということです。

「骨粗鬆症」と診断されても、
どの程度悪いのか、どこが悪いのかが
患者さんにははっきりわかりませんよね?

このページでは、
一般の方にわかりやすいように、
どのような方法で「骨粗鬆症」を見つけ、
そして、どのようにしてその進行の程度がわかるのか、
具体的に見ていただきたいと思います。

先生、骨粗鬆症の診断ってどうやって行われるのですか?

そういうのって、
よくわかんないんですよね?
そうですね〜。

では、どんな検査をしたら骨粗鬆症だとわかるのか見ていただきましょう。

また、検査で骨粗鬆症の進行の度合いはどのようにして判断されるのか見ていただきたいと思います。
骨塩量測定器2 左の写真は「橈骨DEXA」を行う機械です。

これは骨密度を見る機械なんです。

この検査の結果は下の写真の表のようになって出てきます。 
この表は、同年代の人と比べたときに
検査を受けた患者さんの骨の密度がどの程度なのかを
表しています。

また、若年成人の平均骨密度と比べて、
どれぐらいに値するのかを見てみます。

いわば、「骨の偏差値」を出すようなものですね〜。
同時に、レントゲンも撮ります。

骨にはX線が通過しません。

従って、骨の密度が高い場合には、
レントゲン写真は骨の部分が白っぽく写っています。
(左上部の写真)

しかし、骨粗鬆症が進行するにつれて、
骨密度が低くなるため、徐々に骨が薄くなり、
黒っぽく写ってきます。

右上→左下→右下と徐々に骨が透けて見ます。

これは、骨密度が徐々に低くなっているせいです。

このように、レントゲンを撮ってみると、
骨粗鬆症の進行度合いがわかります。


以上の検査で、現在の骨の状態を見ることができます。

しかし、問題は、今後どうなるかということですね?

そこで、「尿NTX(尿検査)」と「BAP(血液検査)」という検査を行い、
骨の代謝の具合を見て、
将来どうなるかという予測をたてます。

左は若い人の骨です。

右は高齢者の方の骨です。

前のページでも述べたように、破骨細胞は骨から古いカルシウムを放り出します。

これに対して、骨芽細胞は骨に新しいカルシウムをくっつけます。

「尿NTX」という代謝マーカーは破骨細胞の活動量を示しています。

「BAP」という代謝マーカーは骨芽細胞の活動量を示しています。

つまり、若い人では、NTXは35以下で、BAPは29以下です。
これに対して、高齢者はNTXは35以上、BAPが29以上の数値を示していることが多いのです。
上の説明を具体的にある患者さん(82歳女性)の数値で見てみましょう。

NTXは131.2、BAPは75.3で、どちらも若年者の約3倍の数値を示しています。

いわば、3倍のスピードで骨が壊され、3倍のスピードで新しい骨が作られているということです。

この数値を、さっきの図に当てはめて見てみましょう。

骨が3倍の速さで壊れています。

3倍の速さで新しい骨が作られているから大丈夫なのではないかと思いますが、実はそうではありません。

しっかりとした骨を作るには時間がかかります。

壊れた骨を補うため、骨芽細胞はフル回転でがんばりますが、大量生産の手抜き工事を行うようなもので、しっかりとした骨の形成が出来ません。

したがって、細い骨しか出来なくなってきます。

こうやって、骨代謝の回転が早まって、骨粗鬆症になります。このような病態を「高回転型骨粗鬆症」といいます。




当院で行っている診断方法をまとめると、
以下のようになります。



骨粗鬆症になる方の多くは、65歳以上の女性です。

65歳以上になったら、ぜひ骨粗鬆症の検査を受けてみてくださいね!

なるほどねぇ〜!

検査を受けて、自分の骨の状態を知ることって大切なんですね!

たとえ、骨粗鬆症って診断されても、早めに治療しておけば、骨折したりしないのね!

私も早めに治療して、腰が曲がったりしないようにしなくっちゃ!
皆さんも、ぜひ早期発見、早期治療を受けてくださいね!

そうすれば、骨粗鬆症は怖い病気ではありません。

今ではコントロールすることが可能な病気なんですから!

そして、長い健康寿命を保っていただきたいと思います。
わかりました!


しっかり骨粗鬆症の治療をして、いつまでも若々しくあるように、がんばります〜!





home top back