骨粗鬆症ってどんな病気なの?

 生きている限り、何時までも若々しくありたいと、誰しも思うものです。

腰が曲がってしまったり、
体型が変形してしまうと、
見た目から、若々しさが失われてしまいます。

一般的に、そういうのは老化現象だから、
しょうがないとあきらめてしまいがちです。

しかし、ちゃんとケアーしてあげることで、
腰が曲がったり、
体型が変形したりすることは防止できます!


このページでは、
「骨粗鬆症」とは、どういう病気なのか、
御覧いただきたいと思います。

腰が曲がったり、骨の変形が原因で体型が変形したりすることは、実は「骨粗鬆症」という病気が原因です。
右の絵のように、骨粗鬆症になる原因はいろいろありますが、ちゃんと、対策を立てれば大丈夫です!

敵を知り、己を知れば、百戦恐るべからずとよく言います。

きちんとした治療が、健康と若々しさを守ってくれます!

ぜひ、骨粗鬆症のことを正しく知ってください!



どうして骨粗鬆症がおこるの?


骨粗鬆症は、病気です。

考え方は、他の病気とよく似ています。





骨粗鬆症は、徐々に進行し
気づいたときには腰が曲がったり、
転倒すると、大腿骨の骨折など、
深刻な状態になります。


こうなる前に、
適切な治療をすることが大切です。



骨粗鬆症といっても、
具体的なイメージがわいてこないものですね。

でも、下のグラフが示すように、
加齢に伴ってこの病気は増えてきます。




ではなぜ、上のグラフのように、
年をとると、この病気が多くなるのかという原因が
下のグラフでお分かりいただけると思います。


骨の量は20〜40才でピークを迎えます。

それ以降、特に60才代になると、
特に女性は閉経後の女性ホルモンの減少が原因で、
骨の代謝サイクルが変わります。

そういうわけで、
60才以降、女性は骨がもろくなるといわれています。

では、骨の中では、
どんなことがおこっているのか、
そういった骨自体に関することを、
次のページで見ていただきたいと思います。


next top