古東整形外科

骨粗鬆症の治療

キーワード : 骨粗鬆症、運動療法、薬物療法


骨粗鬆症いついて、いろいろ見てただきましたが、
このページでは治療について御覧頂きたいと思います。


骨粗鬆症の治療の究極の目的は下記です。








骨粗鬆症に対する治療は、
1、痛みのあるとき
2、痛みのないとき

に大別されます。



1、 痛みのあるとき(圧迫骨折などによる痛みがある場合)

     痛み止めのお薬、コルセット、骨粗鬆症のお薬などを用いて、痛みをとることを優先して治療が行われます。

   

左の絵は骨折があった場合の治療の流れを示しています。

急性期では、骨折があればコルセットを使って安静にしたり、痛みを和らげる治療を行います。

しかし、骨粗鬆症の問題点は、痛みがなくなれば、骨粗鬆症が治ったと勘違いしてしまうことです。

ですので、慢性期においても骨粗鬆症の治療が必要になってくるのです。



2、 痛みのないとき(圧迫骨折や転倒などを予防する)

    骨粗鬆症のお薬、リハビリとして運動療法、転倒予防体操などを行います。 







現在では、骨粗鬆症はお薬でコントロールできる病気です。

上手にお薬を使って、
骨折しないような丈夫な骨を保ちましょう!



以下のページで、
当院で処方しているお薬や、
お薬の効果について御覧頂きたいと思います。


投薬のページへ 薬の効果はあるのですか?
「お薬はどんなものを使うのですか?」
のページを御覧いただくには
上のアイコンをクリックしてください。
「お薬の効果はあるのですか?」
のページを御覧頂くには
上のアイコンをクリックしてください。



home back top