肘が痛くなる病気

(上腕骨内・外側上顆炎)




肘には手指と、手首を動かす筋肉が付着しており、このため手指、手首を動かすと、筋肉の付着部に引っ張られる力が加わります。

肘には手指を曲げたり、手首を下に曲げる筋肉が付く内側上顆と、逆に手指を伸ばしたり、手首を上に上げる筋肉の付く外側上顆があります。

この2つの部位には常にストレスがかかっているために、加齢と共に付着部周囲の筋肉、腱が徐々に変性してきます。

この状態でさらに日常で手をよく使っていると、この部分に炎症を起こしてきます。この疾患を上腕骨内・外側上顆炎といいます。好発年齢は40歳代で、男女とも発症します。また、テニス、ゴルフなどのスポーツをしている方にも多くみられ、テニス肘、ゴルファー肘などとも言われています。

症状は、外側上顆炎の場合、肘の外側から前腕にかけての運動時の痛みがあります。たとえば、買い物袋を持つ、いすを持ち上げる、雑巾を絞る時などにズキッとする痛みを覚えます。そして、肘の外側を押すと痛みが強くなります。

トムセンテスト
  手くびを返して×印のところが痛くなりませんか?

  この検査法をトムセン・テストといいます。













治療としては、患部の安静、湿布・軟膏剤が効果的です。リハビリとしては、患部周囲の筋肉のマッサージや、ストレッチングが有効です。


また、仕事で患部の安静が困難なときや、スポーツ活動中はエルボーバンドを処方して痛みを和らげる方法もあります。


テニスエルボーバンド
  左の写真はテニスエルボーバンドです。

  このバンドをすると、直接肘にかかる負担が軽くなります。

  取り外しも簡単です。







手と肘は日常生活で非常によく使うため、安静はなかなかとれないので痛みは半年近く続く場合もあります。

しかしこの病気は手や肘の使い方しだいでは軽快し、自然に痛みが消失するのであせらず治療してください。




 




 HOME BACK next top