古東整形外科

関節鏡を使った手術


半月板損傷や、足関節外側靭帯損傷などの下肢の障害に対しては
関節鏡を用いた手術が行われます

手術


関節鏡を用いた手術は傷も小さく、手術後の回復も早い点が特徴です。

したがって、日帰り手術で済む場合も多いのが関節鏡を使った手術の利点です。


以下で、関節鏡を使った手術のだいたいの流れをご覧いただきたいと思います。

なお、以下の手術は日帰りできる手術の場合を参考までにアップさせていただきます。

このほかにも、入院を必要とするものもあります。


1、麻酔をかける

麻酔をかける

 脊椎硬膜外麻酔を行います。

 この麻酔を行うメリットは、
 @術中の呼吸状態が安定している。
 A血圧が安定している。
 B術後の頭痛がない。
 などがあげられます。

 
   







2、オペの様子

内視鏡下のオペ風景


 

 脊椎麻酔を用いている病院では、術後の入院が必要ですが、
 硬膜外麻酔では麻酔が解ける時間が早く、
 頭痛・下肢の脱力感などの副作用も少ないので、日帰りも可能です。


 手術中に局所麻酔を追加しますので、
 硬膜外麻酔が切れた後も局所麻酔が働き、
 手術後の痛みを緩和します。

 












3、オペ終了

   手術終了後は傷の縫合部は厚めのガーゼを当て、包帯で固定を行います。

   固定の期間は2週間前後です。

   術後の通院は
   @点滴をしていただく期間: 翌日から毎日3日間程度。
   A消毒をしていただく期間: 翌日から毎日1週間程度。
   B松葉づえをついていただく期間:当日から1週間程度です。
  
   C当日の食事    手術当日の朝午前8時までに終えてください。
                午前10時以降は水分を取らないでください。

   D入浴について   手術当日は入れません。
                翌日からは患部を濡らさないように、
                注意していただいたうえで入浴していただくことができます。

  







4、帰宅




 
術後は1時間ぐらい休憩していただいて、帰宅していただけます。
  
 痛みのない範囲で体重をかけて歩いていただいてもかまいません。
 
 
 
 
帰宅後の痛みには坐薬と経口鎮痛剤を服用していただきます。

 抜糸は約1週間後に行います。






















約1ヵ月後の傷跡

オペ後の傷跡
   
関節鏡の手術では傷は1cmぐらいのものが2〜3箇所ですみます。

  












 HOME BACK



治療内容に戻る