古東整形外科

肩関節周囲炎
(五十肩)


キーワード : 肩の痛み、肩が痛くて眠れない、手が上げられない





 肩関節は、顔を洗ったり、スポーツをしたり日常の生活動作で絶えず働いている関節です。

 40歳頃より関節周囲の筋、腱は少しずつ疲労し老化していきます。老化した筋・腱が炎症を起こして、その炎症が波及して痛みを生じる場合もあります。

 肩関節周囲炎とは、転倒して打ったり、物がぶつかったりなどの原因らしいものはなく、肩に疼痛を覚えるようになる病気です。

 肩を動かすことにより痛みが増し、時には夜間の激しい痛みのため目を覚ますほどになります。肩を動かす事により痛みが強くなるので無意識のうちに肩を動かそうとしなくなり、ついには肩関節周囲の組織に癒着がおこり、肩の挙上ができない拘縮という状態に陥ります。

 治療法としては、痛みが強い場合は、痛み止めを服用したり、針灸治療などで痛みを和らげて行きます。また、温熱療法も効果的です。

 拘縮がすでに生じてしまった場合には痛みのない範囲で軽い運動を行っていきます。そして、徐々にレベルを上げて行って可動域を広げていきます。リハビリのポイントとしては、痛いのを無理やり動かすのではなくて、その日の調子をみながら段階を踏んで動かしていく方が有効的です。

 当院では、リハビリスタッフが個々人の症状に応じた運動療法を指導させていただきます。また、パンフレットをお渡しして、お家でできる運動療法も説明させていただきます。



五十肩の就寝時の方法

その他、日常生活において、少しでも痛みが生じないようにする工夫も必要です。

 左の図にあるように、就寝時は、抱き枕のようなものを挟んで肩を安定させたり、頭の上のものを取る時には踏み台を使用することも有効です。


























このように、肩関節周囲炎は疼痛を和らげる運動と日々の工夫が必要になります。

 肩関節周囲炎は大変苦痛で、痛みがあるので、動かすことに抵抗がありますが、徐々に痛みが消失していく疾患です。

 患者さんによっては痛みが長期間続くことがありますが、根気よく治療を行ってください。



home top