「古東整形外科」 

足関節捻挫
キーワード : 足関節靭帯損傷・足関節捻挫の治療


 私たちは日常生活で階段を踏み外したり、スポーツをしていて転んだり、しびれを切らせて立ち上がろうとしたとき、足首をひねり痛みを覚えることがありますが、その多くは足関節捻挫によるものです。捻挫は関節のまわりのスジ(靭帯)が伸びたり、切れたりした状態のことで、このために痛みや腫れが起こります。また、痛みのため、歩行が困難となります。

 足関節捻挫の治療は、損傷の程度によって異なってきます。軽い捻挫の場合は、原則としては安静で、湿布を貼ったり、軟膏を塗ったりします。

中程度の捻挫の場合は、弾力包帯やテーピング、アルミの板(副子)による固定などを行います。アルミの板は、損傷した部分が十分に治癒した後にはずします。強度の捻挫の場合には、ギプスによる固定が必要で、足関節では約4週間前後の固定が必要となります。中程度や強度の捻挫を放っておいたり、治癒する前に固定をはずしたりしてしまうと、ちょっとしたことでまた捻挫したり、いつまでも腫れや痛みが引かなかったりします。捻挫を繰り返して、関節の靭帯が切れてしまっている場合は、靭帯再建術という手術を行います。

 ただの捻挫だと軽く思わずに、捻挫を繰り返さないように予防することが大切です。何かご不明な点がございましたら、スタッフまでご相談下さい。


   

上の図は足関節周辺の靭帯です。

全て足関節を安定させるために働いている靭帯です。


一番損傷される機会が多いのは前距腓靭帯です。

損傷の程度はさまざまですが、重症度が高くなると足関節の不安定性が生じるようになります。


靱帯損傷のレントゲン
   足関節の不安定性を確かめるためには足関節にストレスをかけた状態で
   レントゲンを撮影します。
   
   内側へひねった状態で撮影すると、
   左のレントゲン写真のように距骨が傾きます













靱帯損傷のレントゲン   また、前距腓靱帯損傷の場合は前方への足を引き出すと
   左のレントゲン写真のように距骨が前へ移動します。

   このようにして、不安定性が確認された場合、
   靭帯損傷と判断しています。

   靭帯損傷の程度によって、ギブス固定をするか、
   ブレイス固定をするか、手術を行ったほうがいいのか
   判断します。












弾力包帯固定
        軽い捻挫の場合は弾力包帯固定で行います。

        巻き方はプリントをお渡ししたうえで、

        スタッフが実際に巻き方をお教えします。










アンクルブレイス
    当院で扱っている足関節装具のひとつです。

    編み上げ式なので、比較的固定性があります。

    アメフトやラグビーなどのコンタクトスポーツで有効です。












アンクルブレイス2
    足関節を多く動かすスポーツ(バレーボール・サッカーなど)を行う場合には
    上の装具よりも、右の写真の装具をお勧めしています。

    この装具を使用した場合、捻挫で固定しなければならない部分は
    きちんと固定され、動かしたい部分は動かすことができます。













           
ギブス    靭帯損傷の場合は、ギブス固定を行います。
    特に初回受傷の場合は、
    将来捻挫を繰り返さないようにするためにもギブス固定をお勧めします。

    当院では固定期間は約3週間です。








      

患者さんの状態によっては、取り外しギブスを使います。

このギブスは、弾力包帯で止めるので、軽くて、取り外しができ、
入浴も可能です。




捻挫後のリハビリについては、ここをクリックしてごらんください!



home back next top