「高齢者に対する転倒予防を目的とした機能訓練の効果」
2013年 11月 東京にて


デイサービスきずなでは、介護の現場で取り組んでいる内容を学会や研究会の場で発表しています。

当事業所では、利用者の皆さんに提供している機能訓練の効果を調査し、発表しています。

以下で、2013年に東京で行われました学会発表の内容をご紹介いたします。

  デイサービスきずなでは、総ての利用者さんに体力測定を実施しています。

概ね3か月に1回のペースで、測定を行っています。

今回発表した内容は、体力測定の1年間の変化を調査してまとめたものです。 
高齢者の要介護状態になる原因の1つで、大変重要な因子である転倒に注目してみました。

デイサービスで取り組んだ、転倒予防の運動が、
どれほど効果があったのかを検討したので、報告します。 
対象となったのは、デイサービスに通って1年以上が経過している101名の方です。

要支援と要介護の割合では、ほぼ半々で、
要介護状態の方では、要介護1や2などの軽度な方が多くを占めていました。 

この方々を初回の体力測定を行ってから、
6ヶ月後の体力がどのように変化したかを調査しました。
どういったことをデイサービスの中で行っていたのかというと、
転倒予防につながるように、片足立ちエクササイズを行ったり、
段差でつまずかないように、足を上げていくトレーニングなどを主に行っていきました。 
 体力測定の項目は、7種目有りますが、
その中から、転倒リスクをどれだけ低くできたかを確かめる
「ステッピングテスト」を実施しました。

これはすばやく足が動かせて、ステップがより多くできることで、
転倒のリスクがどれほどあるかを確かめるものです。

また、バランスをどれだけ保てているかを確かめる「片脚起立保持テスト」も行いました。

さらに、歩行能力を見るテストとして「Timed uo & goテスト」も実施しました。

このテストは単に歩く速さをみるだけでなく、
立ちあがり、歩く、方向転換をする、着座するという一連の動作が
うまくできているかどうかを確かめるものです。
今回の体力測定の結果から6カ月の間でどれだけ効果があったかを介護度別にみました。

また、転倒のリスクは6カ月間でどれだけ減少したかを調査しました。 
その結果ですが・・・。 
 介護度別に見たステッピングの回数は、要支援の方で6ヶ月後には、
平均で17.2回できていました。

この数値は転倒のリスクが改善されたことを示し、
現に転倒しなかった方が多くなっていました。

一方で、要介護の方では、ほぼ変わらず、数値が維持できていました。

続いて、歩行能力をみたTUGテストでは、
要支援並びに要介護の方の両方で数値を維持することができました。

片脚起立時間では、要支援の方要介護の方の両方で、
片足で立てる時間が伸びていました。

しかし、片足で立てる時間には要支援の方と要介護の方の間には、
大きな開きがあることがわかりました。
転倒予防の効果が、どれだけあったのかを調査した結果、
運動の前に調査した時には、43.5%の方に転倒の経験があったと答えておられました。

その後、運動を行ってから6カ月が経過した時点で、再び調査を行ったところ、
運動後では、16.8%の方が再び転倒したと答えておられました。

このことから、全員が転倒しないですんだという結果ではありませんでしたが、
転倒予防につながった方がみられたので、
今回の運動の効果が認められたと考えられます。
 
そこで、考察をしてみると・・・。 
介護度別に見た運動の効果としては、
要支援の方では、もともと高い身体能力に加えて、
機能訓練をすることで、筋力の向上がみられたり、
すばやく体を動かす練習ができたことで、敏捷性が向上したものと考えます。 

一方で、要介護の方では、数値は大幅に向上したわけではありませんでしたが、
現状の身体能力を維持することはできて、
歩行中の立ち上がりや、方向転換などが転倒することなく遂行できたことで、
運動の効果があったものと考えました。
 今回行った体力測定の結果から、転倒予防に効果があったかについては、
6カ月の時点で転倒を再び経験した方は運動前43.5%であったのが、
16.8%に減少していました。

転倒をしなかった方々は、ステップがたくさんできたうえ、片足起立も延びていたので、
はっきりと効果として表れていたと思います。

一方で、再び転倒した方は、ステップの数は変わらないか、むしろ少し減ってしまいました。

これは、要介護の方は、片足で立ち続ける時間が短かったため、
足に踏ん張りが利かなかったことで、転倒してしまったものと考えます。

このように、6カ月という短い期間で機能訓練の効果は、
ある程度評価に値すると思われますが、
まだまだ足りない部分もあります。

今後の検討課題として、定期的に日常でも運動ができているか評価したり、
運動の内容を理解するのが難しいと思われた方には、
個別対応の時間をもっと裂いて、運動の理解力を高めることが必要だと思いました。
まとめとしては、6カ月という短い期間でしたが、
運動をすることで、転倒の回数が減り、転倒予防効果があったと考えます。

 

今回の調査で、運動の効果があったことがわかったので、
私たちスタッフも改めてやりがいを感じることができました。

しかし、課題も見つかったので、より効果を得るために、次の課題として検討することにしました。



top back