認知症高齢者に対する機能訓練の効果とQOLへの影響について



2017年11月3~4日に行われました、日本柔道整復接骨医学会学術大会大阪大会において、
口頭発表を行った演題を以下でご紹介します。

今回の発表のテーマは、認知症高齢者の方々に運動を行うことでどのような身体機能の変化がかるのか、
その結果、日常生活活動や生活の質(QOL)にどのような影響があったのかを考えていきました。

また、運動することで認知機能にどのような影響があるのかについて調査しました。



対象

2010年4月から2017年7月までに1年以上デイサービスの利用を継続できた認知症の利用者さん19名を対象としました。

性別は男性が4名、女性が15名でした

年齢は79才から、97才までで、平均年齢は85.2才でした。

介護度は、要支援2が1名、、

要介護1が13名

要介護2が3名、

要介護3が1名、

要介護4が1名

でした。




認知症高齢者の日常生活の自立度レベルでは、

ランクⅠ:何らかの認知症を有するが、日常生活上はほぼ自立している。
7名

ランクⅡa:たびたび道に迷う、買い物や事務、金銭管理でミスが目立つ
5名

ランクⅡb:服薬管理ができない。電話や訪問者との対応や、一人で留守番ができない。
7名

でした。






方法












評価項目



身体機能の評価

1、敏捷性






2、歩行能力





3、立位バランス






4、下肢筋力





5、片脚起立時間




以上の項目で評価しました。



日常生活活動の評価







認知機能の評価














結果




身体機能の変化



敏捷性は、ステップを踏める回数が増え、歩行能力はスピードが速くなっていました。

立位バランスは、より遠くまでてを伸ばして、バランスがとれるという結果でした。







下肢筋力も、片脚起立時間も現状維持ができていました。




日常生活の自立度



日常生活では、手段的自立では、6項目中、5項目が1年後もできていました。

知的能動性では、3項目すべてが1年後もできていました。

しかし、社会的役割については4項目のすべてが1年後には活動性の低下が見られました。





認知機能の変化





認知機能は、1年後の調査でほぼ維持ができていましたが、
各項目別で見た場合には、場所や、人の認識、簡単な動作の遂行は1年後に少し下がっていました。

また、短期記憶は、元々低い値でしたが、1年後も少し低下する結果でした。






実際に利用されている利用者さんの様子




84才の女性です。

介護度は要介護1です。

日常生活の自立度ランクはⅠです。

当デイサービスを1年前からご利用中で、週に2回こちらで運動を行っていただいています。

集合住宅で、一人暮らしですが、近所の付き合いはできておられます。

買い物は、以前から自分でできておられますが、最近になって通院と服薬管理ができなくなりつつありました。 
利用開始から1年後の調査結果では、歩行能力が維持できて、下肢筋力が向上していました。

日常生活活動と、認知機能も維持ができていました。

 
 
  左の写真は、こちらで行っておられるトレーニングメニューの一つです。 

脚力の強化を目的に、レッグプレスマシンを行っておられます。

  歩く力をつけていただくために、ウオーキングマシーン上で実際の歩行を想定した訓練をしていただいています。 
  認知機能の低下を防止するために、脳トレーニングとして、
パズルゲームをしていただいています。

パズルを解くスピードも、難易度も双方共に向上されています。
 



79才の女性です。

介護度は要介護1です。

日常生活自立度はランクⅡbです。

当デイサービスを1年前からご利用の方です。

1年前より、ご家族と同居をされています。

日中はご家族が運営されている会社でボランティアをしつつ、
こちらを週に2回ご利用いただいています。 

本年、8月頃に転倒され第1腰椎圧迫骨折の診断でした。

約2ヶ月の入院の後、再びご家族との生活が再開できましたが、
日中はボランティアへの参加がなくなり、ご自宅で横になっておられることが増えました。
転倒して、入院されてから、今まで通りのことができつらくなり、
デイサービスへ来る日と場所を忘れてしまわれました。

ところが、退院後、デイサービスを再開されてから、
他の利用者さんの名前が出て来るようになりました。

 
  利用開始から1年後の調査結果では、下肢筋力は維持できていましたが、
日常生活の活動量は減っていました。

認知機能の評価も、低下していました。 
  実際にこちらへ来られて、行っている運動は、
歩くことをウオーキングマシーン上でしていただきました。

ただ、一人で黙々と歩き続けるのではなくて、
仲の良い他の利用者さんとともに、おしゃべりをしながら楽しく歩いていただくようにしました。 









考察


認知症高齢者さんは運動を行うことで、日常生活の行動が改善し、社交性が向上して、自律神経機能面も向上するといわれています。

今回の結果から、身体機能の面では歩行能力、バランス能力、敏捷性の数値が上がっていました。

また、下肢筋力と、片脚起立時間の数値が維持できていました。

このように、デイサービスで定期的に行う有酸素運動や筋力トレーニングは認知症高齢者の方々の身体能力を維持向上させるということがわかりました。

さらに、日用品の買い物や、一人で外出できるなどの手段的自立や、興味や学習の意欲につながる知的能動性が維持できたことは、
認知症高齢者の方々にとって、日常生活上の活動が向上したということになると思います。

社会的役割については、高齢の方は閉じこもる傾向になりがちですが、デイサービスを利用していただくことで、
お仲間の方とのつながり保てて、それによって良い影響が出ていることがわかりました。


認知機能への効果については、総合的には1年後も維持できていました。

それは、マシントレーニングや、ウオーキングは下肢の筋肉の刺激となり、その信号は大脳の運動連合野へ伝わり、
波及効果として、前頭連合野を刺激する効果があるものと思われます。

しかし、認知機能の項目に分けて評価してみると、場所や人の認識、短期記憶、簡単な動作の遂行が難しくなっておられました。

その理由は、転倒をきっかけに入院することとなり、認知機能が低下してしまったものと考えています。

一旦低下した認知機能を元に戻すというのは、なかなか難しいことですが、
少しでも悪化を防ぐには、今までできていた本人の行動をあまり奪わずにできることを促していく訓練が必要だと思います。








まとめ


認知症高齢者の方に対して、機能訓練を行うことにより、身体機能が改善し、結果として日常生活の維持と認知機能の低下を防止することになると思います。












top