ホームページ移転のお知らせ

当ページはこちらに移転しました。
5秒後に自動的に移動します。
大変お手数ですが、お気に入り(ブックマーク)、リンク先のご変更をお願い致します。

古東整形外科

関節リウマチってどうやってわかるの?




関節リウマチを調べる検査は、いくつかあります。

血液検査やレントゲン検査、エコー検査などがあります。

しかし、症状は関節リウマチなのに検査に異常がみられないこともしばしばあります。

関節リウマチは、以下の方法(ツール)で鑑別を行い、関節リウマチの診断に役立てています。







また、レントゲン画像で関節リウマチにみられる典型的な骨びらんが認められた場合にも、関節リウマチと診断されます。

上記で記載した分類基準の点数は、以下の表を点数化し6点以上は関節リウマチであると診断できます。







関節リウマチの診断基準は、一昔のものとは内容も変わってきており、

けんさないようなども精度の高いものに変容しております。



以下で、関節リウマチについて詳しくコンテンツを作成しておりますので、ご覧ください。


 ①関節リウマチとは?
 ②関節リウマチの原因は?
 ③関節リウマチの発症の仕組み
 ④当院で行っている関節リウマチの治療の実際
 ⑤関節リウマチの検査
 ⑥日本における薬物療法の変遷
 ⑦関節リウマチの治療を自己免疫の仕組みから考える
 ⑧生物学的製剤とはなんですか?



home next