「古東整形外科」 「手術をしなくても治せる可能性のある病気や怪我シリーズ」より

鎖骨近位端骨折

キーワード : 鎖骨骨折、胸の前面の痛み







鎖骨骨折は、比較的良く遭遇する疾患です。

鎖骨骨折は、鎖骨の中央で骨折するタイプや、肩関節に近いところで骨折する遠位端骨折、また胸の前で起こる近位端部での骨折の3つのタイプがあります。

このページでは、比較的稀な鎖骨近位端骨折について、どのように受傷し、治療を行えばよいのかについてご説明したいと思います。







鎖骨近位端骨折はどのようにして起こるの?


鎖骨近位端骨折の大多数は、肩から落下したり、肩を強打することでおこります。

肩関節外側に加わった外力が鎖骨遠位部を後方に押す力となり、
これがてこの作用になって、胸鎖関節前方に向かう介達外力となり、近位端部に骨折が生じると考えられています。

それについて示したものが、下の図です。



鎖骨近位部は肋鎖靭帯や、胸鎖靭帯などで強固に固定されています。

ですので、骨が靭帯の強度より劣る50〜70歳代に鎖骨近位部(靭帯付着部)で骨折が起こると考えられています。

それに対し、靭帯より骨の強度が強いとされる若年者は、胸鎖関節脱臼が起こると考えられています。






鎖骨近位端骨折の分類


鎖骨近位端骨折はいくつかのタイプに分類されています。





分類には色々なタイプがありますが、大きく分けて、上の図で示したような安定型と、不安定型にわかれています。

転位の小さな安定型の骨折は、保存療法でほとんど骨癒合が得られます。

肋鎖靭帯の損傷を伴う骨折の場合、転位の程度に応じて、手術療法が適応になる場合があります。






鎖骨近位端骨折の症状とレントゲン画像

鎖骨近位端骨折が生じると、以下の写真のように、胸鎖関節部の腫脹や、皮下出血が生じます。




また、骨折部の転位がある場合には、骨折部で前方凸変形が認められます。

以下が、鎖骨近位端骨折のレントゲン画像です。

赤色矢印で示した部分が骨折部分です。



他の骨性要素や肺陰影と重なるため、わかりづらい場合もあります。



安定型の場合は、保存療法として、三角巾やクラビクルバンドによる固定を行います。

鎖骨近位端骨折のほとんどは転位が小さく、強固な靭帯に覆われているので、ほとんどが手術をせずに、固定療法による治療が可能です。





以下で、実際の患者さんの症例をご覧いただきたいと思います。


  72歳の男性です。

左肩の痛みを訴えて、来院されました。

転倒して、肩を強打したとのことです。

左の写真は初診時のものです。

赤色矢印で示した左胸鎖関節に、腫脹と圧痛があり、前胸部に皮下出血も確認できました。

肩関節を外転すると痛みが出るとのことでした。 
  左の写真は、初診時のレントゲン画像です。

赤色矢印の鎖骨近位端部に骨折が認められましたが、
肺陰影と重なり、わかりづらかったので、
詳しく状態を確認するためCT撮影を行いました。 
  左の写真は、胸鎖関節部を輪切りにし、上から見たCT画像です。

赤色矢印で示した鎖骨近位端部に骨折が確認できました。 
  CTによる3D画像でも、赤色矢印で示した鎖骨近位端部に骨折が確認できました。

クラビクルバンドによる保存療法を行いました。

 
 
  61歳の男性です。

左肩の痛みを訴えて来院されました。

受診当日、2階のベランダで窓ふきをしていて、転落されたそうです。

左の写真は初診時のものです。

赤色矢印で示した部分に腫脹が見られました。 
  左の写真は初診時のものです。

赤色矢印で示した鎖骨近位端部に骨折線が確認できました。 
  左の写真は初診時のレントゲン画像を拡大したものです。

赤色矢印で示した部分に骨折がはっきりと確認できました。

治療は、クラビクルバンドによる保存療法を行いました。
 
  左の写真は、受傷から約6週後のレントゲン画像です。

赤色矢印の骨折部分に仮骨が認められ、痛みも消失していたため、
クラビクルバンドを除去しました。 



鎖骨骨折の中でも、近位端骨折は稀ですが、落下や転倒によって肩を強打し、
胸の前面が痛いといった場合には、
鎖骨近位端骨折が生じる場合があります。

肩を動かして、痛みがあったり、日常生活での支障がある場合には、
お近くの整形外科を受診されることをお勧めいたします。





home back