古東整形外科 「ばね指シリーズ」より

一見ばね指の様ですが、実は違う疾患です!

キーワード:指の痛み・指の腱鞘炎・指の脱臼・指のひっかかり


手指を使っていて、急に「カクッ」となると、指がどうなったんだろうと心配になりますよね?

この症状で、代表的なのがばね指による弾発現象なのですが、ばね指以外の疾患でも、似たような現象が起こる場合があります。

このページでは、一見するとばね指だと思われそうなのですが、実は違う疾患であるというものについてご説明したいと思います。







こんなばね指もあります!


ばね指と言えば、腱が肥厚した腱鞘の中を通る時にひっかかってしまうのが病態なのですが、
そのひっかかる部位は一つとは限りません。


   

ばね指のほとんどは上の図のA1といわれる滑車(プーリー)が肥厚して、腱が通る際に引っかかることでおこります。

しかし、中には、A2での狭窄が生じるばね指もあります。

これは、珍しい病態です。



治療法としては、A1プーリーで起こるばね指は手術対象となります。

しかし、A2プーリー部では、腱の滑走に異常をきたす恐れがありますので、
装具療法や、注射療法で経過を見ていきます。



以下で、A1プーリー部でのばね指と、A2プーリー部でのばね指の動画をご覧ください。

また、一見ばね現象に見えるのですが、ばね指に似て非なる症状を呈するものもありますので、合わせてご覧ください。

一般的なばね指(A1プーリー部でのばね指) A2プーリー部でのばね指 
   




ばね指と間違えやすい疾患

どの疾患も、指が「カクッ」となる現象がおこり、一見、ばね指に似て非なる手の動きが見られます。

しかし、それぞれ指が「カクッ」となる原因は違っています。

小指 ボクサーズナックルによる伸筋腱脱臼  MP関節部での伸筋腱脱臼
   
   
 PIP関節背側で生じた側索損傷 手首での弾発現象(トリガーリスト) 



各疾患の詳細については、疾患名をクリックすると、詳細な説明のページで、ご覧いただけます。


実際に、「指がカクッとなる」ということで、ばね指ではないかと、ご自身で判断され、ご相談いただく場合があります。

しかし、御来院いただいて、診察をさせていただくと、ばね指ではなく、上記でご紹介した違う疾患である場合があります。

ばね指ではないかと思われた場合、上の動画と見比べていただければと思います。






home back