古東整形外科 「ばね指シリーズ」より

ばね指の手術について

キーワード:指の痛み・指の腱鞘炎・指のひっかかり・手術


当院で手術された患者さんからお話を伺うと(問診の中で)、以下のような受診理由がありました。

1、   「ばね指はいつか治るよ。」と言われ、湿布をくれたが、治らなかった。
2、   リハビリでマッサージをされたが、治らなかった。
3、  痛い注射をされ、二度と行く気がしない。しかも治らなかった。 
4、  痛いのを我慢して、2、3回注射を受けたが、再発した。 
5、  皮膚切開による手術を勧められたが、2週間以上通院が必要で、仕事ができない。
収入がなくなるし、くびになるので皮膚切開術をあきらめた。 
6、  大きな病院に行ったが、ばね指の手術はしていないと断られた。 




たかがばね指!されどばね指!

患者さんの御相談をうかがっておりますと、
以下の図のようなことがわかってきました。


当院では、以上のようなギャップをできるだけ埋めるように、
患者さんのニーズに沿った治療をさせていただきます!



患者さんからのお話を伺ったうえで、

当院では、以下のような場合には、手術適応と考えています。

1、痛みのため、仕事や家事に常に支障をきたしている場合。
2、弾発現象が強く、自力で指が伸ばせない場合。
3、固定療法を行っても、弾発現象や痛みが改善しない場合
4、ステロイド注射を行っても良くならない場合。
              


以下に皮下腱鞘切開術と直視下切開術のメリットとデメリットを表にしてみましたので、御覧ください。











 当院で行っている皮下腱鞘切開術


 非常に細くて小さなメスを使って手術しますので、手術の傷跡を縫合する必要もなく、
傷跡を濡らさない様にしていただければ、当日入浴していただくことも出来ます。

 また、切開する範囲が小さいので、皮神経を傷つけることもほとんどありません。 

 以下で、この手術を行うとどのように改善されるのか、具体的にビデオを交えて見て頂きたいと思います。


 
上の動画は、皮下腱鞘切開術をイメージしたものです。腱鞘という腱が通過するトンネルの屋根の部分を切開して、通りをスムーズにする手術です。

たとえ腱鞘を切開しても、腱は安定した位置にありますので、指の曲げ伸ばしの動作に支障はありません。

また、傷が小さいので、周囲の皮神経を傷つけることもありません。


  ばね指を起こしている状態では、左の図のように腱鞘が肥厚し、
腱の通りを妨げているので、腱鞘を切開して開放します。
 ばね指の手術用具 手術の際には、非常に細く薄いメスを使います。

「安永式切腱刀(やすながしきせっけんとう)」という特殊なメスです。

このメスにはガイドがついていて、腱が傷つかないようになっています。

以下で、実際の手術の手順について、ご覧いただきたいと思います。
   
まず、麻酔をします。


患部へ直接局所麻酔薬を注入すると、
内圧が急に高まることで激しい痛みが生じることがあります。


ですので、当院では、患者さんの苦痛を少しでも軽減するために、
左の図のように手根管部(正中神経)に伝達麻酔を行い、
患部へ麻酔が効くようにしております。
 手術中  腱鞘を切開します。
 手術後 患部の傷は2mm程度です。縫合はしません。

手術後はガーゼと包帯のみです。

患部を濡らさなければ、手術当日より入浴が可能です。
 

ばね指手術の実際

ばね指手術は非常に短時間で終わります。

手術の実際の様子を御覧いただきたいと思います。



親指の手術の場合  中指手術の場合   環指の手術の場合
     



術後のA1腱鞘切開の確認

下の図で、術後の状態をエコー画像で見ていただきたいと思います。

エコー画像で術前・術後のエコー画像を見比べていただくと、
A1腱鞘が切開され、開放されているのが良くお分かりいただけると思います。

手術をするに当たり、術前に患者さんの納得と、同意が不可欠ですので、私たちには説明義務があります。

そこで、エコー検査は、患者さんに御自分の病態を理解していただき、
手術の同意をいただくために必然性の高い検査であると考えています。










動画で見る術前術後の腱の動き

上の写真で、開放された腱や、A1滑車が開いて通りが良くなっているのが御理解いただけたと思います。

さらに、動画で術前、術後の動きの違いをご覧ください!

術前のエコー画像  術後のエコー画像 
 


(今回使用しました動画は同一の患者さんのものではありません。術前・術後のわかりやすい画像を使用させていただきました。)









 手術を行うとどのように症状が改善されるか、以下のビデオで御覧ください。

インターネットエクスプローラのバージョンによっては、
ビデオの画面に×印がついて見れない場合があります。

その場合、モニター画面の上部に「アドオンしますか?」という表示が出ている場合があります。
その表示のバナーをクリックするとビデオが表示されます。
お試しください。




   
10秒後 
 
 手術直前の指です。
指を曲げると引っ掛かりがあります。
 手術直後の指です。
曲げても引っ掛かりがなくなっていることが分かります。
傷も小さく、手術直後から指が思いどおりにスムーズに動かせます。





ばね指のビデオを見るページへジャンプします!





手術までの流れ

@手術には術前検査が必要です。

遠方から御来院になられる場合などには、
メールなどにて事前に御相談ください。

術前検査は、内科的疾患のなかで糖尿病を患っておられる方や、
血流を改善するために抗凝固剤(血液をサラサラにするお薬)など服用されている方など、
手術時の出血が止まりにくい場合がありますので、
安全確認のために診察時に検査をさせていただきます。




A術前検査で問題がなかった場合、手術になります。

事前予約していただいた場合、
最短で朝に診察・検査を行って、
昼〜夕方手術を受けていただくこともできます。

遠方にお住まいで、手術を希望される方は、
メールなどにて事前に御相談ください。

その際、お電話番号をメールに記載していただけば、
当院看護師より御都合のよろしい日程をうかがうお電話をおかけいたします。





手術費用について

1割負担の場合、約3000円。
3割負担の場合、約8000円。

初診料、検査費用(超音波検査、血液検査)は別途約2000円となります。


翌日は消毒のみとなりますので、200円〜500円までのご負担となります。



術後の予定は

消毒:1〜2日

固定:無し

抜糸:無し


リハビリ: ほとんどの場合、術後すぐにスムーズに指が動くようになるので、リハビリの必要はありません。
       ただし、指の突っ張り感や、こわばり感がある場合には、関節をスムーズに動かすためにリハビリが必要な場合がありますが、
       数日程度です。


復帰時期:術後2日後に傷が治癒していることを確認してから可能です。
       その他、動きに対する制限もありません。

       水仕事ができるようになるのは術後3日目以降と考えていただくとよいかと思います。
       この手術では、早期に水周りの仕事が出来るという利点があります。


手術後の経過については、別ページでご説明したしますので、そちらをご覧ください!


腱鞘炎とはいえ、指に引っ掛かりがあっては非常に不便です。


ばね指でお困りの方は、ぜひご相談ください。





ばね指の手術は生命保険等の対象になる場合もあります。

生命保険等の申請をされる場合についての説明のページはこちらです。







別ページに当院で行ったばね指手術の統計をまとめてあります。

そちらのページも御覧ください。 








home next  


ばね指のトップページはこちらです!