「古東整形外科」 骨端線損傷シリーズより

手指にみられる骨端線損傷




バレーボールやドッチボールなどの球技をしている最中に、つき指をするような形で骨端線損傷が生じることがあります。

時には、指の変形が生じて、整復手技を必要とするような場合もあります。

このページでは、手指に生じた骨端線損傷の例をご紹介し、その治療の経過を含めてみていただきたいと思います。







手指の色々な場所で起こる骨端線損傷


手指は基節骨、中節骨、末節骨からなり、以下の図で示すように、色々な部位で骨端線損傷が生じます。



           


手指で起こる骨端線損傷の治療法としては、副子やギプスを用いた固定を2〜3週間することで治ります。

受傷直後は、指の変形が見られるような場合であっても、徒手整復をして、元の位置に骨を戻し固定療法を行う事で十分治ります。

子供さんの場合、日常で自然に指を使う事が、そのままリハビリになるので、ギプスが取れれば、特別なリハビリもほとんど要りません。



では、以下で実際の患者さんの症例をご覧いただきたいと思います。



 基節骨骨端線損傷 
  13歳の男の子です。

右母指の痛みを訴えて来院されました。

前日、野球をしていて、スライディングをした時、
右母指を地面にぶつけ受傷されたそうです。 

近隣の整骨院を受診し、
翌日、当院へ紹介となりました。

左の写真は初診時のものです。

赤丸印で囲んだ部分に腫脹が見られます。
  レントゲン撮影を行ったところ、
赤色矢印で示したところに、
右母指基節骨骨端線損傷(Salter-HarrisU型)がめられました。

転位が認められるため、徒手整復を行い、ギプス固定を行いました。 
  左のレントゲン写真は、整復後のものです。

転位していた部分は元に戻っていることが確認できます。 
  左の写真は受傷後3週間のものです。

ギプスを除去し、レントゲン撮影を行ったところ、
骨端線損傷は治っていることがわかりました。

 
  
  10歳の女の子です。

左手小指の痛みを訴えて来院されました。

昨日、球技運動をしていて、ボールが左手小指に当たり、
受傷されたそうです。

左の写真は初診時のものです。

赤丸で囲んだ部分に、腫脹が認められました。

 
  レントゲンを撮ってみると、赤色矢印で示した部分に
左小指基節骨骨端線損傷 (Salter-HarrisU型)が認められました。

転位が認められたので、徒手整復を行って、
ギプス固定をすることにしました。
  左のレントゲンは、徒手整復を行い、
ギプス固定をした状態で撮影したものです。

固定方法は、隣接する指を添え木変わりにして、
2本の指をまとめてギプス固定を行いました。

赤色矢印で示した部分にあった転位は、
元の正常な位置に戻っていることが確認できました。 
  受傷後3週間のレントゲン写真です。

赤色矢印で示した骨端線損傷の部位は、
治っていることが確認できました。 
中節骨骨端線損傷 
  9歳の男の子です。

左環指の痛みを訴えて来院されました。

受診当日のお昼頃、左手にボールが当たり、受傷されたそうです。

左の写真は初診時のものです。

赤丸で囲んだ部分に腫脹が認められます。

向かって右の写真は、爪の方向を見て、
回旋転位の有無を確認しているところです。

左環指に回旋転位があることがわかります。 
  レントゲン撮影したところ、
左環指中節骨骨端線損傷(Salter-HarrisU型)が認められました。

転位が認められたため、徒手整復と固定を行いました。 
  徒手整復は、左環指DIP関節PIP関節を屈曲位にさせ、
そのままの肢位でテーピング固定を行いました。

さらに上からアルミシーネの固定を行い、
指が伸ばせないようにしました。 
  左のレントゲンは、整復後のものです。

転位があった骨端線損傷の部位は
元の位置に戻っていることが確認できました。 
  左の写真は受傷後3週間のレントゲンです。

伸展位にしても、転位は認められず、
骨折部が治っていることが確認できました。

 
末節骨骨端線損傷 
  14歳の男の子です。

右環指の痛みを訴えて来院されました。

受診当日、学校のドアで指を挟んで受傷されたそうです。

左の写真は初診時の外観写真です。

赤色丸印で囲んである部分に腫れと、変形が確認できました。

 
  レントゲン撮影を行ったところ、
右環指末節骨骨端線損傷(Salter-HarrisU型)が認められました。

転位が認められたため、徒手整復を行い、
アルミシーネによる固定を行いました。

 
  左のレントゲンは、整復後のものです。

赤色矢印で示した部分に認められた転位は
元の位置に戻っていることが確認できました。 
  受傷後3週間のレントゲンです。

赤色矢印で示した骨端線損傷は治っていたため、
この時点で固定を除去しました。

 



手指の骨端線損傷は成長期の子供さんによくみられます。



痛みが強く、腫れも強いため、大変な怪我に見えますが、
子供さんの骨折は回復が早く、元のように動かせるようになります。

損傷の程度はさまざまですが、早めに処置をすればきちんと治る怪我ですので、
医療機関への早めの受診をお勧めいたします。



home top