「古東整形外科」 「末梢神経障害シリーズ」より


前腕内側皮神経麻痺

(注射による皮神経損傷)





前腕部で痺れ感を訴えておられる患者さんは、
頚椎での神経の圧迫が原因で痺れ感が出ていると言われたり、
胸郭出口症候群であると言われている方もいらっしゃいますが、
まったく違った原因である場合があります。

このページでは、上記のような原因とは違った理由で起こる「前腕内側皮神経麻痺」についてご覧いただきたいと思います。


  23代の女性です。

右手前腕の内側の痛みを訴えて来院されました。

他院でアレルギー検査の目的で、採血のため、
肘の内側に注射針を刺入された瞬間、同部位に激痛を覚えたそうです。

その後、痛みが続くため、来院されました。 
  左の写真の丸で囲んだ範囲にしびれ感と、知覚の低下があり、
皮神経麻痺であると考えられました。

また、肘の部分にある黒い×印のところには、
強い圧痛と、軽くたたいた際に、知覚低下が生じている領域にひびくという、
Tinel signが確認できました。

ではこれは、どういった経緯で起こったものなのでしょうか? 
  左の図は、前腕の神経の走行と、
その神経が担当する知覚領域を示したものです。

今回の場合、採血の際に赤い×印で示した部分に
注射針を深く刺入したため、
前腕内側皮神経を傷つけたことが原因であると考えました。

このように、細い注射針でさえも、神経を傷つける場合があります。

ですので、肘から採血する場合には、
できるだけ橈側で血液を採取する事が安全であると言えます。

また針を深く刺入しないように注意する必要があります。

この方は、来院されてから約5週間後には知覚の回復が認められました。




静脈注射では、上記のような状況がありうるので、
やはり注意が必要になってきます。

こういった知覚異常は経過観察をすることで回復してきますが、
患者さんにとっては不快なものであると思います。

注射によってこういったことが起こらないように、当院では注意をはらっております。




home