「古東整形外科」 「末梢神経障害シリーズ」より

前骨間神経麻痺

(ぜんこつかんしんけいまひ)


手の指が動かしにくくなる疾患の一つに「前骨間神経麻痺」があります。

前骨間神経は、正中神経の枝の一つで、
別ページでご紹介した手根管症候群も同じ正中神経の麻痺による疾患ですが、
出てくる症状には違いがあります。

このページでは、前骨間神経麻痺の特徴と、他の神経麻痺とを鑑別するポイントなどについてご紹介していきます。







前骨間神経の走行



正中神経の運動枝である前骨間神経は、肘関節からやや遠位部で正中神経の本幹から分岐し、
示指・中指深指屈筋、長母指屈筋への筋枝を分岐し、さらに末梢へと下行し、
方形回内筋を支配しています。

したがって、以上の神経が障害を受けると、
以下の図のような症状が出てきます。


示指・中指深指屈筋や長母指屈筋が麻痺を起すと、ピンク色の矢印で示したように、
母指と示指で、きれいな丸が作れなくなります。

これは、前骨間神経麻痺を見つける手掛かりとなるテスト法で、
「パーフェクトO(オー)サイン」と言います。

前骨間神経麻痺であれば、つまみ動作を行うと、母指と示指で涙型の形状の輪しか形成できません。



上の図は両手をグーにしてもらった写真です。
黄緑の矢印で示したように母指を自分の意思で曲げることができません。

また、赤色矢印で示した示指も曲げることができないので、
完全に指を握りこむことができません。



また、方形回内筋が麻痺を起すと、
下の写真の黄緑色の丸で囲んだ部分で示したように、
肘を曲げた状態で前腕を内側にひねる事が出来なくなります。











前骨間神経麻痺と手根管症候群との違い

前骨間神経麻痺と手根管症候群は、ともに正中神経の麻痺で生じる疾患です。

しかし、その症状には大きな違いが見られます。

以下で、その違いについてご説明します。




左の写真は、前骨間神経麻痺で見られる特徴的な外観です。

母指と示指が曲げられず、いわゆる「祝祷指位」といわれる指の形になっています。

一方、右の写真は、手根管症候群で見られる外観です。

黄色の矢印の母指球の部分が筋委縮を起こし、いわゆる「猿手」といわれる状態になっています。

また、前骨間神経麻痺は、運動枝のみが麻痺を起すため、知覚障害はおこりません。
一方、手根管症候群は、正中神経の本幹が手根管部で圧迫を受けるため、物をつまみにくくなったり、同時に痺れ感を訴えます。

以上のような違いを押さえておけば、どちらの疾患であるか鑑別が可能です。


では、以下で実際の患者さんについてご覧いただきたいと思います。



  50歳の男性です。

目覚めてから、左手の痺れと脱力感を感じ、
来院されました。

2週間前に、お酒を飲んで、カウンターに前腕を置き、
その上に頭を載せて寝てしまわれたそうです。

左の写真のように、左手は母指と示指が完全に曲げられず、
いわゆる「祝祷指位」が認められました。

また、斜線の部分に痺れがありました。

 
  左の写真は、ご自分の力で母指のIP関節(第1関節)を
曲げていただいている所です。

IP関節は、伸展は可能でしたが、
左の写真のように屈曲することができませんでした。
 
  左の写真はご自身の力で中指DIP関節(第1関節)を
曲げていただいているものです。

中指DIP関節の屈曲は可能でした。 

以上のことから、前骨間神経麻痺と診断し、
経過観察を行いました。
  左の写真は、初診から約2週間後のものです。

麻痺が少し改善し、握りこむことが可能になってきました。

  左の写真は、2週間前と同じように
御自身の力で 指を曲げていただいている所です。

まだ母指IP関節と示指DIP関節の屈曲は完全にはできていません。 
  また、肘を曲げた状態で、前腕を内側にひねる事が出来ません。

この方の場合は、手の指の痺れ感も訴えておられたので、
純粋な前骨間神経麻痺であるとは断言できません。

しかし、前骨間神経麻痺のなかには不全麻痺もあることや、
理学所見などから、この疾患であると考えられました。

その後の経過としては、
最終的にどうなったのかまではわかりませんが、
日常的には支障がなくなったものと思われます。
 
 
  50歳の女性です。

左母指IP関節の屈曲ができないということで、来院されました。

このようになった誘因は特に無いそうです。

黄色の矢印で示す通り、御自身の力では母指を曲げられません。

 
  この方は、母指の屈曲ができないということで、
長母指 屈筋腱の断裂も疑いましたが、
黄色矢印で示した部分の先(×印の部分)に
叩くと指先に響くポイント(Tinel sign)があったことから、
前骨間神経麻痺であると診断しました。

このように、母指や示指が単独で屈曲できない場合には、
腱の断裂も疑う必要があります。

そういった場合には、エコーなどの補助診断を行う事で、
鑑別が可能となります。


前骨間神経麻痺は、学術論文などの報告では、保存療法で3カ月程度経過を見て、
麻痺が改善してくる傾向が見られれば、予後が良好であると言われています。

稀に、3カ月経過しても麻痺が改善しない場合には、
手術適応となる場合もあります。

このような症状があれば、まずは整形外科を受診されることをお勧めします。



home