古東整形外科 「成長期腰椎分離症シリーズ」より

成長期腰椎分離症の方々は
このように骨癒合しました!


キーワード:腰の痛み・子供・スポーツ




このページでは、当院で行った骨癒合を目的とした治療を行った患者さんについてご覧いただきたいと思います。





成長期腰椎分離症で、当院を受診された方


    




     





当院で行っている固定療法


当院では、骨癒合の可能性があると見込まれた例に対しては、以下のコルセットを用いて治療を行っています。

 ダーメンコルセット 硬性コルセット 
 
軟らかめの素材を使ってできています。
支柱の部分だけは硬い素材を使っているので、体幹をしっかりと支えることができます。
このコルセットは患者さんの体形に合わせてオーダーメイドで、
健康保険が適応され、装具会社で作られます。
 硬めの素材を使って体幹を支えます。
体幹の支持性は高くなります。
このコルセットも健康保険が適用され、
オーダーメイドで、装具会社で作られます。








成長期腰椎分離症に対する体幹筋トレーニング

コルセットで固定している期間中も、体幹を支持する筋肉群のトレーニングを行います。

また、固定を除去した後も、腰椎に過度な負担がかからないように気をつけながら、
胸椎や下肢のトレーニングを行います。

以下は、代表的な例です。

患者さんお一人お一人の状態によって、メニューは変えていきます。











骨癒合が得られた患者さんの例


今回、このページで取り上げるのは、平成20年2月から平成24年6月までに当院を受診した33名の方が対象になっております。

骨癒合に至った患者さんの分離のタイプは以下の3つのタイプに分けられます。

タイプ別で見たスポーツ復帰までに要した期間は以下の通りです。

  片側分離   両側分離 片側偽関節 
 分離の状態      
 スポーツ復帰までに
要した期間
平均85.2日(約2〜3か月)  平均135.2日(約4〜5か月)  平均104.0日(約3〜4か月) 


ここでいうスポーツ復帰とは、完全に競技に復帰した時期をさしています。

練習などへの参加は別メニューではありますが、もっと早い時期にできています。


以下で、それぞれのタイプ別に骨癒合に至った症例をご紹介したいと思います。





片側分離の場合 

初診時MRI   初診時CT  2ヶ月後CT  4ヶ月後CT 
       
第5腰椎分離症       
 15歳男性です。
サッカーをしていてシュートをした際、
ずきっと腰が痛くなり、来院されました。
MRIで矢印の部分に輝度変化が認められ、
進行期の分離症と考え、
CT撮影を行いました。
 左側に骨折線が確認できました。
骨癒合を目的として、スポーツ中止と、
硬性コルセットによる固定を
行いました。
 骨折部の開大が見られないことから、
骨形成期に入っていると考え、
この時点から1ヶ月後に
部分的にスポーツへの参加を
許可しました。
骨癒合が認められたため、
スポーツへの完全復帰を
許可しました 。








骨折線が生じる前に発見できた早期の片側分離の場合



第5腰椎分離症の早期例です。

初診時MRI  初診時CT   2ヶ月後CT
     
 17歳の男性です。
ラグビーをしていて、スクラムをした際、
腰痛が出現し、来院されました。
MRIで矢印の部分に輝度変化が認められたので、
CT撮影を行う事にしました。
 骨折線が確認できないことから、
早期の分離症と考え、
簡易コルセットとスポーツ中止を行いました。
 骨折線が確認できないことから、
骨形成されていると考え、
スポーツ復帰を許可しました。








両側分離の場合

 初診時MRI 初診時CT  2ヶ月後CT 4ヶ月後CT 
       
第5腰椎分離症       
 15歳の男性です。
サッカーをしていて、
ロングキックをした際に
腰痛が出現し、来院されました。
MRIで両側に輝度変化が
認められました。
両側に骨折線が認められたため、
硬性コルセットと
スポーツ中止を行いました。 
骨折部の大きな変化がないことから、
骨転換期に差し掛かっていると考え、
治療を継続しました。
 骨形成期に入り、
骨癒合していることが
確認できたため、
スポーツ復帰を許可しました。






片側偽関節の場合

初診時MRI  初診時CT  2ヶ月後CT 
     
 第3腰椎分離症    
 15歳女性です。
陸上部でハードルを跳んだときに
腰痛が出現し、来院されました。
MRIで左側に輝度変化が
認められたので、
CT撮影を行いました。
右側に骨折線が認められ、
左側には
骨折線は認められませんでした。
MRIの結果と比較すると、
右側は偽関節で、
骨癒合の可能性は無く、
左側が進行期の分離症で、
骨癒合の期待ができると
判断しました。
硬性コルセットとスポーツ中止を
行いました。 
進行期である左側に骨折線が
認められないことから、
骨形成されていると考え、
スポーツ復帰を許可しました。






小児の両側分離の場合


初診時MRI  初診時CT  3ヶ月後CT  5ヶ月後CT  8ヶ月後CT 
         
 第5腰椎分離症        
 5歳の女性です。
縄跳びをしていて腰痛が出現し、
来院されました。
MRIで両側に輝度変化が
認められたため、
CT撮影を行いました。
 両側に骨折線が認められたため、
硬性コルセットと
スポーツ中止を行いました。
骨吸収期を経て、
骨転換期に
差し掛かっていると考え、 
治療を継続しました。
骨形成期となり、
骨癒合してきていることが
確認できました。 
完全に骨癒合が
確認できたため 、
スポーツ復帰を
許可しました。









第5腰椎が偽関節で、
第4腰椎が骨癒合した両側分離の場合


初診時MRI  初診時CT  2ヶ月後CT  4ヶ月後CT 
 第4腰椎分離症
第5腰椎両側偽関節
(第5腰椎分離症)
     
       
 19歳女性です。
サッカーをしていて、
横に跳んだ際に腰痛が
出現し、来院されました。
MRIで第4腰椎の右側に
輝度変化が認められたので、
CT撮影を行いました。
第4腰椎の右側に骨折線が認められ、
第5腰椎も分離しているのが
認められました。
しかし、MRIと比較すると、
第5腰椎は偽関節であると
わかりました。 
第4腰椎の右側は骨癒合の可能性が
あると判断し、
硬性コルセットと
スポーツ中止を行いました。
 骨折部の開大が見られないことから、
骨転換期に入っていると考え、
第5腰椎が偽関節であったため、
スポーツ復帰には慎重を期し、
治療を継続しました。

骨形成期となり、
骨癒合が確認できたため、
スポーツ復帰を許可しました。 



以上のように、成長期の腰椎分離症はさまざまなタイプがあります。

それぞれに骨癒合する時期には差がありますが、
いずれにしても早期発見することで、骨癒合が得られています。

スポーツ活動中の腰痛でお悩みの方はなるべく早い時期に整形外科での診察をお勧めいたします。



home  back