古東整形外科

ロッキングフィンガー

キーワード : 指が伸びない、指のひっかかり感、手指の付け根の痛み


指の弾発現象といえば、ばね指が思い浮かびますが、指の関節がロックしてしまって、曲げ伸ばしができなくなる疾患もあります。
これを「ロッキングフィンガー」といいます。

このページでは、「ロッキングフィンガー」がどういった疾患なのかを見ていただき、
治療方法などについてもご覧いただきたいと思います。


上の写真は、指の付け根の関節(MP関節)でロッキングが生じた指です。

母指の場合と、それ以外の指でのロッキングでは、名前は同じロッキングですが、
病態は、まったく異なったものです。






母指MP関節ロッキングの病態

  左の写真は母指MP関節ロッキングが生じた状態です。

強い外力によって、MP関節が過伸展されて生じます。

この状態で、曲げることも伸ばすこともできなくなります。
 
  レントゲンで見ると、左の写真のようになります。

それが実際どんなふうになっているのかを示したのが
下の図になります。 
  母指を横から見た図ですが、
過伸展されたMP関節は、
その関節周辺にある靭帯などを傷つけられてしまいます。

特に、関節の下側を補強している掌側板膜様部は
中手骨頭にひっかかってしまいます。

また、掌側板や種子骨は関節内に陥入してしまいます。

 
  左の図はロッキングしたMP関節を正面から見たものです。

掌側板膜様部が第1中手骨頭に乗り上げて、
周囲の種子骨も完全に中手骨頭の上に乗り上げているのがわかります。 
  左の図は、下から見たものです。

第1中手骨頭が掌側板膜様部の間から覗いているのがわかります。


以上のように、母指のMP関節のロッキングの病態は、
外傷によって関節周囲の種子骨や掌側板膜様部などが関節内に挟まり込んでしまって、
動かなくなってしまった状態をいいます。






示指〜小指のMP関節ロッキングの病態


  左の写真のように、中指が伸ばせなくなった状態は、
中指のMP関節ロッキングが起こっています。

外観上は、関節も腫れていませんし、
皮下出血も認めません。 

示指から小指にかけてのMP関節ロッキングは
ちょっとした動作で引っかかりが生じてしまいます。
  レントゲン写真で見てみると、
なかなかはっきりとは写っていませんが、
よく見ると、骨と骨の重なりがほかの指と違う事がわかります。

それがどういう状態で起こっているのかというと・・・。 
  左の図は、示指から小指にかけてのMP関節の構造を
横から見たものです。 

指を伸ばしているときには、副靭帯が緊張しています。

中手骨の側面に出っ張っている突起(Volar lip)の存在が
よくわかります。
  左の図はMP関節を曲げた状態です。

すると、副靭帯が緩み、Volar lipにかかる状態になっています。

この状態で再び指を伸ばそうとしても、
引っかかってしまった副靭帯が戻らなくなってしまいます。

これが示指から小指までのMP関節ロッキングの病態です。 


以上のように、母指の場合と、その他の指とでは病態がまったく違います。

上で示したVolar lip大きさには個人差があって、大きい方や小さい方がいらっしゃいます。

以下では、治療法についてご覧いただきたいと思います。





MP関節ロッキングを元に整復するには
(母指の場合)

  母指MP関節ロッキングの整復は、
まず、しっかりと中手骨を把持し、
基節骨を中手骨側に押しつけるようにして支えます。

下の模式図にあるように、
脱臼して位置が変わった種子骨が
基節骨の下にあるようなイメージです。 

   
  基節骨を押しつけるようにしながら、
中手骨の関節面を沿うようなイメージで、
指を徐々に曲げていきます。

その際に、種子骨は基節骨の下にあり、
関節の外に位置するようなイメージになります。 
   
  最終域まで曲げきった親指のMP関節が整復されると、
本来あった位置に種子骨が戻ります。

 
注意点 
  整復の際に、引っ張るような力加減をしてしまうと、
種子骨が関節内に入ってしまいます。

整復時には引っ張らないようにすることが大切です。 







MP関節ロッキングを元に整復するには
(示指〜小指の場合)


左の写真は、示指の橈側(親指側)でロッキングした場合を
想定した整復の方法です。

 
   
  MP関節を押さえることなく基節骨をしっかり握ります。

 
   
  そのままMP関節を最大に曲げて、
副靭帯を緩めた状態にします。 
   
  さらに、橈側へ指を傾けて、副靭帯を緩む方向へと導きます。 
   
  そのまま橈側へ傾けながら、
指を親指側へ向けてねじりつつ、
指のロックを外します。

これで整復は終了です。


下の動画は、ロッキングフィンガーの方に対する整復操作を行った際のものです。








下の動画は、完全にロッキングした状態の方ではありませんが、
ご自分で指を曲げ伸ばしして、ロッキングを外しておられます。





母指の場合には、
整復終了後、患部の腫れが引くまでの間、しばらく固定をして、
1〜2週間ぐらいで元の指の動きを取り戻します。

他の指の治療としては、
徒手整復を行い、痛み止め注射をして、
靭帯周辺の組織の炎症を抑えることで、症状がなくなります。

しかし、引っかかりを繰り返し、
痛みが続くようならば、
中手骨頭のVolar lipを削る手術をすることもあります。







以下では、示指〜小指の患者さんについて、ご覧いただきたいと思います。

  60代の女性です。

右中指の伸展障害を訴えて来院されました。

来院される前日に、スーパーで買い物かごを強く握ったときに
急に痛みを覚え、その後指が伸びなくなったそうです。

 
   横から見ると、中指のみが完全に伸展できないという状態でした。


指を曲げることは可能でした。
  レントゲンを撮ってみると、
明らかに骨折や脱臼を起こしている画像は見られませんでした。

受傷起点などから、中指のMP関節ロッキングであると考え、
徒手整復を行いました。

その後、伸展できるようになり、
日常生活上も問題なく過ごされました。 
 
  20歳代の女性です。

右小指が曲がったまま、固定されてしまって、
伸びなくなったということで来院されました。

来院される数時間前に鉛筆のキャップを外そうと思い、
思い切り強く握りしめた後、小指が伸びなくなってしまったそうです。 
  曲げることに関しては、問題なくできました。 
  しかし、小指を伸ばそうとしても、伸びません。 
  レントゲンを撮ってみると、骨折や脱臼はありませんでした。

ですので、小指のMP関節ロッキングフィンガーであると考え、
徒手整復を行いました。

整復後は、日常生活に支障なく過ごされています。 
 
  70歳代の男性です。

朝起きた時から、中指が伸ばせないことに気がついて
来院されました。

 
  中指は完全に伸ばすことができず、
MP関節の尺側(小指側)に圧痛がありました。

まずは、患部に注射をして痛みを和らげることにしました。

 
  レントゲンを撮っても、骨折も脱臼も見られませんでした。

ということで、中指のMP関節ロッキングフィンガーであると判断し、
徒手整復を行いました。

 
  徒手整復後の写真です。

手を握りこむ動作も伸ばす動作も
問題なくできておられるのが確認できました。
 
  30代の女性です。

左人差し指の引っかかり感を訴えて来院されました。

10日ほど前から、曲げ伸ばしで引っかかりが生じ、
時には完全に伸展ができなくなっていたそうです。

気になって、近くの病院で見てもらったところ、
ばね指と言われたそうです。

赤矢印の先に示した部分に圧痛がありました。 
  レントゲンを撮ってみると、骨折や脱臼はありませんでしたが、
左第2中手骨頭の一部が右側に比べて
やや大きいようにも思えました。
(赤色矢印の先で示した部分)

以上のことから、
示指のMP関節ロッキングフィンガーであると考えましたが、
この方はご自分で指を曲げたりひねったりすることで
整復が可能なので、経過観察することにしました。
 
  念のため、中手骨頭のVolar lipの大きさをCTで確認したところ、
第2中手骨の橈側(親指側)で突起が突出していることが
確認できました。
 
  この方は、お仕事で指を使われるので、
なるべく患部に負担がかからないようにするため、
装具をおつくりして、指を保護していただき、
様子を見ることにしました。 

MP関節ロッキングフィンガーは、まず徒手整復を行う事で治る場合がほとんどです。

しかし、母指の場合は、外傷により生じて、なおかつ種子骨や掌側板が陥入している場合があるので、
整復できない場合には、手術の必要性もあります。

示指から小指にかけてのMP関節ロッキングフィンガーの場合は、
徒手整復を行えば、その後は順調に回復します。

急に指が伸びなくなった時には、無理に自分で指を動かしてしまうと、後に収拾がつかなくなる場合もありますので、
早い目に医療機関を受診されることをお勧めします。



home