「古東整形外科」 「小児の関節周辺の痛みシリーズ」より

第1ケーラー病


子供さんが特に誘因がなく、足背周辺の痛みを訴える場合、「第1ケーラー病」を疑います。

この疾患は、非常にまれなのですが、小学校に上がる前、5歳から7歳ぐらいの男の子に多いといわれています。

このページでは、「第1ケーラー病」がどういった病気であるのかご覧いただきたいと思います。



上の図は足を上から見た図です。

足の真ん中あたりにある×印で示した骨は舟状骨といいます。

この舟状骨が血流障害に陥り、骨の阻血性壊死の状態に陥ったものを「第1ケーラー病」と言います。

原因については、明確な事はわからないのですが、
舟状骨は足底アーチを形成するポイントとなる骨なので、何らかの刺激が作用しているのではないかと考えられています。









上のレントゲン写真は足部を斜め横から撮ったものです。

子供さんの足は、それぞれの骨はまだ軟骨成分が多いので、レントゲンでは骨が丸みを帯びたような写り方をします。

赤い丸で囲んだ舟状骨は5〜6歳までは血流が乏しいと言われています。

しかし、最終的に、下の成人の足にあるように、血流は他の骨と同じように回復し、赤い丸の中央部に見えている骨のような形になります。

第1ケーラー病は血流が乏しいとされる時期に、何らかの刺激が加わって、骨の形状がきれいな丸みを帯びた形にならずに、扁平な形になってレントゲン写真に写ります。

それがどのような足かというと、以下の写真のようになります。



上の写真のような状態であるとわかったときには、痛みが強い場合は体重をかけることをしばらく控えていただきますが、
ほとんどの場合、足底アーチを支えるように足底板を入れて経過を見ます。

半年おきぐらいに、レントゲン撮影を行って、様子を見ることになります。

レントゲンで骨の形状に修復が見られるまでは、激しい運動や、長い距離を歩くことは控えていただきます。

その後の経過はほとんどが1〜2年の間に、健常足と同じような舟状骨の形になると言われています。





この病気の場合、即座に何か処置をしないといけないというわけではありませんから、治療をきちんとしてもらえていないと誤解を受けるかもしれません。

しかし、第1ケーラー病の病態を考えると、一番必要なのは経過を継続的に見る事なのです。

予後は、心配ないと言われている疾患ですので、その辺を御理解いただいて、経過をみせていただきたいと思います。



以下で、実際の患者さんについてご覧いただきたいと思います。

  3歳の女の子です。

1年ほど前から左足の痛みで、近隣の病院を受診されたところ、
左足第1ケーラー病と診断を受けたそうです。

その際に、レントゲンで右足にも第1ケーラー病があると指摘されたそうです。

近隣の病院では、痛みを訴えている左足にのみ足底板の処置を行い、
経過をみるように言われたそうです。

しかし、両足の第1ケーラー病とは違う場所である右足外側が
痛いと言い出したので、セカンドオピニオンを受けに当院へ来院されました。

当院へ来られた時に撮ったレントゲン画像が左の写真です。

赤色矢印で示した左の舟状骨は、青色矢印で示した右の舟状骨に比べ、
扁平化していることがわかります。  
  斜めから撮影したレントゲン写真です。

赤色矢印で示す部分と、青色矢印で示す部分を比べると、
赤色矢印の先で示した舟状骨の方が扁平化しています。

しかし、来院された時は、左右の足に腫れや圧痛も特にありませんでした。

 
   左の写真は足を側面から撮影したレントゲン画像です。

このレントゲン画像でも、
赤い丸印で囲んだ左の舟状骨は扁平化していることがわかります。

以上のように、どの方向からのレントゲンでも、
左の舟状骨が扁平化していることがわかります。

今回は、痛みを訴えていた部分は、足の外側だったので、
第1ケーラー病による痛みではなく、
治療のために作成した、不慣れな重たい靴を履き続けたために生じた、
足の痛みだと判断しました。

その後、経過については再び近隣の病院へ戻られ、
治療されることになりました。


子供さんが、怪我をした様子もないのに足の痛みを訴えておられる場合には、
このページでご紹介したような疾患もあるので、
痛みの原因が何であるのかわからない場合には、整形外科を受診されることをお勧めいたします。




home top