古東整形外科

足の疾患に対する当院での治療法

(足底板療法編)


キーワード : 足の痛み、足底板療法





足の痛みに対して、当院では、診断の後に保存療法での対処をまず行います。

その選択肢としては、もちろん患部に湿布を貼ったり、痛み止めを処方するということもしますが、
それだけでは一時しのぎにすぎません。

そこで、当院では、さまざまな足の疾患に対して、
まず、患者さんの足を診て、次に、靴も見させていただき、
そのうえで、足の疾患の原因を総合的に軽減していくことができる足底板を処方させていただきます。

足底板は、当院リハビリスタッフが患者さんの足と靴に合わせて、その場で御作りします!

患者さんそれぞれの症状に合った足底板を使っていただくことで、
症状がどれだけ緩和できるのかということを以下のページで見ていただきたいと思います。



強剛母趾  症例1  テニス中の親指の痛みを軽減できた症例 
症例2  足の親指が反ると痛かったのを軽減できた症例 
症例3  床につけるだけでも親指が痛かったのを軽減できた症例 
 母趾種子骨障害  症例1 足の親指の裏の痛みを軽減できた症例 
症例2  足の親指の裏が痛くてサッカーができなかったのを軽減できた症例 
症例3  注射をしても取れなかった痛みを足底板で緩和した症例 
中足骨骨頭部痛  症例1  ダンスができないぐらい痛かったのを緩和できた症例 





home