「古東整形外科」

骨脆弱性骨折

(こつぜいじゃくせいこっせつ)

レントゲンで骨が折れていないのに、骨が痛いというのはおかしな話ですよね…?

でも、実際にはそういうことがあるのです!

今回ご紹介する「骨脆弱性骨折」は、初めはレントゲンでは写らず、見逃される場合が多い骨折です。

骨粗鬆症があって、骨が痛いという場合には、まず「骨脆弱性骨折」を疑ってみる必要があります。

この骨折は、骨粗鬆症がある骨に、繰り返されるストレスが加わって生じる骨折なのです。



では、どんな疾患なのか、以下でご説明したいと思います。





骨は生きている!



上の絵は骨を作る働きを示したものです。

骨は常に古いものが新しいものに置き換えられ、強度を保っています。

言い換えると、このときに働く、骨を壊す役割の「破骨細胞」と、新しい骨を作る「骨芽細胞」の働きのバランスで、骨の強度は保たれています。

しかし、右側の骨粗鬆症の方の絵にもあるように、この二つの細胞のバランスが崩れることにより、骨の強度は弱くなります。


 若年者の骨   骨密度が高く、骨質も充実しているため、骨の強度が高い。 
 骨粗鬆症の方の骨 骨密度が低く、骨質も粗であるため、骨の強度が低い。

若年者の骨と骨粗鬆症の方の骨を比べてみたのが上の写真です。

骨脆弱性骨折は、上に示した骨粗鬆症の強度が低くなった骨に、繰り返しストレスがかかるため起こる骨折です。







繰り返す力と骨の強度の関係

骨にかかるストレスにはさまざまありますが、
下の絵に表した圧縮力とたわむ力は繰り返し骨の一部に集中してかかり続けると骨折を生じてしまいます。


骨粗鬆症の方の骨 
 
骨粗鬆症の方の骨は強度が弱くなっているので、
歩くぐらいの普段の軽い外力が骨に加わり続けることにより、
骨折が生じてしまいます。

最初はレントゲンに写らないのですが、
左の絵に示したように、
ひびが入ったような骨硬化像と呼ばれる骨の変化が見られるようになります。

これが「骨脆弱性骨折」の起こり方です。 








どこで骨脆弱性骨折と判断するのか?


  骨脆弱性骨折の場合、最初は骨の形状に何ら変化は見られません。
 
  しかし、しばらく経つと、骨の一部分が白く線のように写っている部分が出てきます。

この部分は「骨硬化像」と呼ばれる部分です。

この骨硬化像が表れているということは、
その部分で骨の新陳代謝が起こり、
骨の修復がなされているという証です。

ですので、この映像があった場合、
骨の強度が落ちた上、その部分で繰り返しストレスが骨にかかり、
骨脆弱性骨折が起こっていたと考えられます。
 









骨脆弱性骨折の治療はどうするの?

根本的にはこの骨折の背景にある骨粗鬆症の治療が必要です。


完全にギプスを巻くほどの固定は必要ありませんが、
やはり痛みがあるので、何らかの固定療法を一時的にすることで痛みが和らぎます。

たとえば、足首周辺の骨脆弱性骨折の場合には取り外し可能なギプスがお勧めです。


膝周辺の骨脆弱性骨折の場合には、支柱つき装具などがお勧めです。







捻挫をしたとか、思い当たる原因がないにもかかわらず、
足が痛くて歩けないなどの症状が出た場合には、
骨脆弱性骨折の疑いがあります。

明らかに骨の上を押さえると痛いとか、
左右の足を比較すると、明らかに片方が腫れているとか、
そういった所見からもこの疾患を疑います。

初診時にレントゲンの映像で何も写らなくても、
2〜3週間後には、骨折していたことが判明しますので、
そういった痛みで心当たりがある方は、
整形外科を受診されることをお勧めします。

また、この骨折は骨粗鬆症が背景としてあります。

骨粗鬆症の治療も並行して行うことをお勧めします!




では、各部位での骨脆弱性骨折については、別のページでそれぞれ詳しく見ていただきたいと思います。

骨盤・股関節
 膝関節と大腿部
足関節周辺 
 足部・踵骨周辺





home