古東整形外科

上腕骨外側上顆炎
(じょうわんこつがいそくじょうかえん)

キーワード : 肘の痛み、使い痛みによる肘の痛み、物を持つと肘が痛い、テニスによる肘の痛み

皆さんは、「テニス肘」という疾患名をお聞きになったことはありませんか?

この疾患名は通称で、正しい名称は「上腕骨外側上顆炎」といいます。

肘が痛くなって、診察に来られる患者さんの多くはこの「上腕骨外側上顆炎」の方が多いのです。

「テニス肘」という名称の印象が強いですが、実のところ、テニスをやっておられる方だけでなく、
手を使う軽作業をなさる方や、パソコン操作をなさる方々にもよくみられる疾患です。

これは肘の外側にある、骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症であると考えられています。

このページでは、「上腕骨外側上顆炎」について、その病態と治療方法を御覧いただきたいと思います。






肘周辺の筋肉群(外側)



上の写真と比較して、実際の筋肉の走行を示したのが下の図です。

肘の関節を構成している上腕骨の外側上顆は肘の外側にある硬い隆起部分です。

写真の×印の部分がそれにあたります。

外側上顆には手首を返す筋肉群が付着しています。

なかでも、短橈側手根伸筋という筋肉が外側上顆炎に関係していると言われています。







上腕骨外側上顆炎の症状


上腕骨外側上顆炎の症状は、物を持ち上げる瞬間に肘が痛くなるとか、
物をねじる瞬間に肘が痛くなるとかなどの症状が見られます。

上の絵にあるように、タオル絞りなどの動作を行うことで肘が痛くなったり、
テニスをするときにラケットをバックハンドでにぎってボールを打った瞬間に肘が痛くなったりします。

ですが、安静時には痛みは出てきません。








上腕骨外側上顆炎の診断




上の写真はどれも上腕骨外側上顆部(赤丸の部分)に負荷をかけて、痛みを誘発するテスト法です。

これれのテスト法を行ってみて、痛みが出れば、上腕骨外側上顆炎だと診断できます。








上腕骨外側上顆炎の画像診断


                 


ほとんどの場合は、上記の診断テストで診断がつきますが、
上腕骨外側上顆周辺に他に骨の異常が無いか、
腱の石灰化が生じていないかなどを判断するためにレントゲンを撮ります。

しかし、レントゲン写真では上腕骨外側上顆炎は何も写らない場合が多いので、
レントゲンだけで診断されると、異常なしということになる場合もあります。

ですので、エコーで患部を診てみると、上の写真のような画像が見えて、異常が発見できます。

患側のエコー画像にもあるように、腱の付着部周辺で部分的に炎症が起こっていることを示す黒い画像が確認できます。







上腕骨外側上顆炎の治療方法


ほとんどの場合、上腕骨外側上顆炎は保存的治療で治ります。





治療として、他には、エルボーバンドを装着して、上腕骨外側上顆の手前で、手首を返した時の伸筋群の牽引力を緩和します。








以上のように、上腕骨外側上顆炎は使い痛みの要素があるので、
患部に負担がかからないような動作を日ごろから行ったり、
仕事上の動作を変える工夫をすることで治ってきます。

治る時期は個人差がありますが、
だいたい1月ぐらいすると、痛みが気にならないくらいになってきます。

では、実際の患者さんについて以下で御覧いただきたいと思います。



  37歳の女性です。

右ひじの外側の痛みを訴えて来院されました。

1か月ほど前に、引っ越しで重たいものを運んでから痛むようになったそうです。

その後、タオルを絞ったり、物を持つ動作で痛みが強くなり、
夜中も痛みを覚えるようになったので来院されました。

写真の×印のところが押さえると強く痛み、トムセンテストも陽性でした。 
  レントゲンを撮ったところ、骨には異常が認められませんでした。 
  エコーを撮って患部を確認してみると、
腱の付着部で炎症を疑う所見が認められました。 

ですので上腕骨外側上顆炎と診断しました。

治療としては、エルボーバンドの使用と、
前腕の伸筋群のストレッチを指導しました。

リハビリとしては、
前腕の筋肉のマッサージとストレッチをするために通院していただきました。

その後、痛みも和らぎ、症状が軽快されました。
 
  53歳の男性です。

右肘の腫れと痛みを訴えて来院されました。

前日、テニスの途中で急に肘の外側の痛みを覚えたそうです。

来院された時は、右肘の外側に腫れがあり、
上腕骨外側上顆部を押さえると強い痛みがありました。
 
  レントゲン写真を撮ってみると、明らかな骨の異常はありませんでしたが、
皮膚の部分での腫れが確認できたので、
上腕骨外側上顆部での伸筋腱の部分損傷が疑われました。

治療としては腫れが引くまで肘を積極的に使うことを控えていただいて、
リハビリとして前腕の筋肉のストレッチやマッサージをするために
通院していただきました。
 
その後、腫れも軽減されました。
 
  64歳の男性です。

右肘の外側の痛みを訴えて来院されました。

写真の×印のところに押さえると強い痛みがありました。 
  手首を返す動作に抵抗を加えると、×印のところが強く痛み、
上腕骨外側上顆炎であると判断しました。 
  エコーで患部を確認してみると、
患側の伸筋腱の付着部で炎症を疑う所見がありました。
(赤丸で囲んだ部分です。)

この方は、日常、手を使う作業が多い方だったので、
エルボーバンドを使って患部の負担を軽減することにしました。

治療は痛みが強いときは注射をして痛みを和らげて様子を見ました。

その後、痛みは軽快しました。 
 
  45歳の男性です。

右肘の痛みを訴えて来院されました。

3日前にテニスをしていて、急に肘が痛くなり、ラケットが持てなくなったそうです。

初診時のレントゲン写真では、骨の異常は見当たりませんでした。 
  エコーを撮ってみると、右肘の上腕骨外側上顆付近に、
伸筋の部分損傷を疑う所見があり、軟部組織も腫れていました。

テニスの最中に生じた1度の衝撃によって、
肘の腱が損傷されたものであると判断しました。

治療としては、患部の腫れが引くのを待って、
前腕のストレッチやマッサージをしていきました。

その後、症状は軽快しました。 




上腕骨外側上顆炎は初診で診断もつき、治療を2〜3週間継続することで痛みが和らぎ、
やがて、通院の必要が無くなるぐらい症状が良くなってくるのが大部分です。

中には、難治性の例もありますが、上腕骨外側上顆炎とは似ていても違った病態が考えられます。

肘が痛くなった場合には、痛みを我慢せずに、早めに整形外科を受診されることをお勧めいたします。



home top