古東整形外科

半月板損傷の形態

キーワード : 膝の痛み、膝が伸びない、正座ができない、歩くと膝が痛い



まずは、関節鏡手術の中でも比較的多いとされる半月板損傷の形態についてご説明します。


  右の絵は膝の上の部分を除いて、
脛骨とその上にのっている半月板を見たものです。

脛骨の上には内側と外側それぞれに半月板が存在します。
  左の図は膝を斜め後ろ方向から見たものです。

水色になっている部分が半月板です。

半月板損傷の多くは半月板の後ろの部分のほうが損傷されるケースが多いのです。

それは膝を曲げた時に、半月板が大腿骨と脛骨の間で挟まった状態で損傷されるので、体重の掛かっている真ん中から後方の半月板が挟まって傷つけられやすいからです。
  左の図は膝関節の内側の断面図です。

半月板の外側には血管があり、血が流れています。(図の赤い部分です。)
しかし、内側には血管が無く、血流は見られません(図の水色の部分)。 

半月板の血管が走っている付近には側副靭帯がすぐ傍にあるので、
側副靭帯の損傷が高度であれば、半月板も同時に損傷されることがあります。
  半月板の損傷の原因には、外傷などによって損傷される場合と、徐々に繰り返しかかるストレスによって損傷される場合とがあります。

左の図は、徐々に変性といって半月板の性状が変わってきたものです。
 
半月板は長い間ストレスを受け続けていると、オレンジ色で示したように変性してきます。

MRI でみると、半月板の一部分に白い線が入っているのがわかります。
  さらに変性が進むと、左の図のようになります。

MRIを撮ると、右の赤丸で囲んだ図のようになります。

黒く映った半月板の中に白く亀裂が入った部分が見えます。このように半月板が損傷されたか否かを判断するにはMRIが有効です。
  半月板損傷の症状は膝の違和感で始まりますが、最も特徴的なのが、「ロッキング」といって、ひっかかり現象が生じることです。

左の図のように断裂した半月板の亀裂が大きければ、膝を曲げた時に、大腿骨の一部分にひっかかってしまいます。

ときにはひっかかった断片が切れてしまうこともあります。

一時的にロッキングはとれますが、また繰り返すこともあるので、関節鏡手術で断片を取り除くことをお勧めします。
  半月板の傷の入り方にはいくつかの種類があります。

上部から見たときの傷で分類すると、以下のようになります。

Aは縦断裂と呼ばれます。

Bは横断裂と呼ばれます。

Cはくちばし状断裂と呼ばれています。
  左の図は、縦断裂を拡大したものです。

右の丸い図の中は、関節鏡でこの断裂部分を見たものです。

青い矢印の先に、白いすじ状に見えているところがこの傷です。 
  関節鏡による半月板の手術には大きく分けて2つあります。

上の段は半月板の血行がない部分で損傷された場合です。この場合は部分的に半月板を切除します。

下の段は半月板の血行が存在する部分で損傷された場合です。この場合はできるだけ半月板を温存していきたいので、縫合するケースがあります。

半月板損傷の程度、損傷した部分、他に合併損傷がないかなどを考えて、適した手術を選択します。




損傷度合いには個人差があるので、
治療は損傷度合いに応じたものになります。


手術が必要と思われる場合には、当院より適切な病院をご紹介して手術を受けていただけます。


ここをクリックすれば、
半月板部分切除術とはどういった手術なのかが詳しく御覧いただけます。


また、術後のリハビリについても、
患者さん各自の状態に合わせて
メニューを組ませていただきます。

ここをクリックすれば、
半月板部分切除術後のリハビリについて御覧いただけます。




膝につらい症状をお持ちの方は、
当院まで、お気軽にご相談ください。




半月板損傷のいろいろな事例については、
次のページにて詳しくご説明いたします。






home next