古東整形外科

半月板損傷

キーワード : 膝の痛み、膝が曲がらない


先のページでも半月板損傷について述べましたが、
このページでは、実際の患者さんの事例をあげて、
どういう経過になったのかということについて説明させていただきたいと思います。


下の絵にあるように、半月板損傷が起こるのは、主に赤い丸で囲んだ後方部分です。





下の図にあるように、半月板は膝を伸ばしたときと、曲げたときに若干移動します。

そうすることで、体重をうまく支えて、その力を分散する効果があります。

膝を曲げた状態では、それぞれの半月板が後方に移動します。








横から見ると、半月板は大腿骨と脛骨の間でうまくクッションの役割をして、
膝を曲げた時には、後方に移動して、骨と骨の間に挟まりこむようになります。








半月板損傷はどのようにして起こるの?


半月板の受傷機転は、下の絵にあるように、
曲げた状態でさらに捻りが加わると、
内側、もしくは外側どちらかの半月板が損傷することになります。






また、半月板は単独で損傷されること以外に、
靭帯断裂に伴って損傷されるケースもあります。

それは、一回の外傷によって靭帯損傷と半月板損傷が同時に起こる場合もありますし、
以前に、前十字靱帯が損傷されていて、膝の安定性がない状態が続き、
後に、半月板が損傷を受けることもあります。









半月板損傷が起こると、どうなるの?


半月板損傷に見られる症状には、
キャッチングと呼ばれる膝の屈伸時の違和感や、
階段を下りる時などに膝が崩れるようなギビングウエイと呼ばれる現象があります。

下の図にあるように、膝の曲げ伸ばしを繰り返していると、
正常な状態では、半月板がうまく滑走して膝の動きがスムーズになるのです。

半月板が傷ついた状態だと、
曲げ伸ばしの際にひっかっかりが生じます。
それが、上で説明した膝の違和感の原因です。






さらに、断裂した半月板が下の絵のように、関節の中でひっかかった状態になっている場合は、
ロッキングといって、膝が動かなくなってしまいます。






では、以下で実際の患者さんの状態について御覧いただきたいと思います。

半月板損傷には、@バケツ柄断裂、Aオウムのくちばし状断裂、B横断裂、C水平断裂、などがあります。

また、円盤状半月断裂というものもあります。

以下で、それぞれの断裂についてご覧ください。


@バケツ柄断裂の場合

  半月板損傷の形態別に実際の患者さんの状態についてご説明します。

左の図にあるように、バケツの持ち手のような形で断裂する形態があります。

この形態は1回でこのようになることは少なく、徐々に亀裂が大きくなり、最後にはひっかかりを生じるというものです。 
  MRIを撮ってみると、半月板の形態が本来の形をしていなくて、
本来写らないところに、半月板の断端が写ってしまいます。

 
  このMRIの撮り方は、水平に膝をスライスしたものです。

 
  この患者さんは1年前に膝の痛みがあったのですが、
一時楽になったので、放置しておられました。

来院される1週間前に膝が伸びなくなり、強い痛みが生じたので、
MRIで確認したところ、左の写真のように、
半月板の断端が膝の中央部分に移動していることがわかりました。

そこで、関節鏡手術を行うことになりました。 
  左の図は関節鏡の写真とイメージ図を重ねたものです。

関節鏡で膝の中を見ると、
膝の中央付近の大腿骨と脛骨の間に、
反転した断端が挟まっていました。 
  断端が移動してしまい、本来の位置にある残された半月板は、
もとの機能が失われつつあり、薄くなっていました。 
  関節鏡での手術は、引っかかっている断端を切り取り、除去します。

そうすることで、ロッキングはなくなり膝がスムーズに動くようになります。 






home back