古東整形外科

日本における薬物療法の変遷

キーワード : 関節リウマチ、関節の痛みと腫れ、朝の手のこわばり




症状コントロール中心から、寛解(※1)を目指す治療へ!


下の表は関節リウマチの治療方法の変遷を示しています。

当初、痛みをとる対処療法であった治療が、
関節の破壊を食い止める治療となり、
根本的に関節リウマチを寛解に導くものへと変わってきています。

関節リウマチの症状の程度が軽い段階で発見でき、
治療に速やかに入れば、
寛解へと導ける確率が非常に高くなります。


(※1 寛解とは、1次的あるいは永続的に症状が軽減、あるいは消失することをいいます。)

       経口薬
および
注射薬
生物学的製剤
国内 
注射・点滴薬
生物学的製剤
海外 
注射・点滴薬
1970年  痛みをとるる治療  NSAID中心
の治療 
[DMADRs]

1970年
シオゾール
 
   
1980年           
   関節破壊を
止める治療
DMARDs
使用開始 
DMARDs充実

 1984年
メタルカプターゼ
カルフェニール

1986年
リドーラ
   
 1990年      1992年
リマチル

1994年
モーバー
   
      1999年
リウマトレックス
(MTX) 
   1998年8月
レミケード

1998年11月
エンブレル
2000年    2000年〜2003年
 DMARDs併用
DMARDs
早期投与普及 

2002年
アザルフィジン

2003年
アラバ
   2002年
ヒューミラ
           
2003年
 生物学的製剤
導入
 治療・修復を
目指す治療へ
  2005年
プログラフ 
2003年
レミケード

2005年
エンブレル

2008年
アクテムラ

2008年
ヒューミラ 
2005年
オレンシア 



生物学的製剤の導入によって関節リウマチの治療が飛躍的に良くなっています。





home back next