古東整形外科

橈骨骨端線離開
(とうこつこったんせんりかい)

キーワード : 子供の手首の怪我、手首の痛み、子供の手首の骨折



子供さんの骨折の中で、手首の部分で多いのがこの橈骨骨端線離開です。

強く手をついたときに、大人の場合で、特に高齢者の場合、骨が粉砕されるような形で折れますが、
子供さんの場合には、骨端線を境にして、骨が折れてしまう場合があります。

同じ部分での骨折なのに、大人の場合と子供の場合で、どのように違うのかということや、
治療方法などについて以下でご覧いただきたいと思います。

  左の絵のように、手をついて上からの圧力が強くかかった時に
小児の場合だと、
橈骨の骨端線と呼ばれる軟骨線の部分を境にして
骨がずれる様な形になります。

これもれっきとした骨折で、
成長軟骨のある子供さんに特有の骨折型です。

赤矢印で示したように、
骨端線部分で骨がずれているのがわかります。
  左の絵は、骨端線部分で骨がずれた場合、
5つのケースに分類されているものを示した図です。

数字が大きくなるにつれ、
骨端線の損傷は著しくて、骨折の重症度も高くなります。

橈骨の骨端線離開の中で、最も多いのがU型です。 
 小児の場合  成人の場合
       
 正面から見たレントゲン写真  横から見たレントゲン写真 正面から見たレントゲン写真  横から見たレントゲン写真 
橈骨骨端線離開の場合、
正面から見たレントゲンでそれほど大きなずれはありません。

しかし、横から見ると骨端線の部分でスライドして、
手首が上にずれていることがわかります。 
成人の骨折の場合、
明らかに骨が短くなってしまって、
横から見ると上にくの字に曲がっているのがわかります。 

高齢になると骨折部分が複数の骨片になり、
粉砕されたようになります。
骨端線離開にはいろいろなケースがあります! 
  上の図で示した様なタイプTからXまで
いろいろな骨折のケースがあります。

左の写真では、手首が曲がっているので、
見た目にもはっきりと骨折がわかります。

実際にレントゲンを撮ってみると、
骨端線部分で骨片を伴うU型であるとわかります。

 
  左の写真では、左の手首が腫れて、
若干骨がずれているのがわかります。

レントゲンでは、はっきりと橈骨が折れているのがわかりますが、
隣の尺骨も曲がっています。

このように、小児の骨は弾力性があるので、
若木を折り曲げたような形に骨折する場合があります。

診断時には、橈骨だけでなく、
付近の骨にも注意を払わなければなりません。 
 治療の方法 
  橈骨の骨端線部分をもとに整復する動作を行って、
その後、ギプスで固定します。

押さえるポイントは橈骨の先を再びずれないようにするために、
しっかりと押さえます。

肘までギプスをかけないようにして、
指の機能も保てるようにします。
  ギプス固定中のリハビリは、
左の絵の様な運動を勧めています。
(実際にはギプスを巻いたままで行います。)

指先だけを動かすことで、
指の機能は保持しながら、
固定を続けることができます。

また、指を動かすことで、
骨への適度な刺激も期待できます。

以下で、実際の症例をご覧ください。
 症例@ 
  10歳の男の子です。

家の塀を登って、ベランダに手をかけた瞬間、
壁が壊れて、地面に落ちて手をついたときに受傷しました。

正面から見たレントゲン写真(右側)では、
さほど大きく骨がずれているように見えませんが、
横から見たレントゲン写真(左側)では
骨がずれていることがわかります。

当日、部分的に麻酔をして、
骨を元通りにするように試みました。 
  整復してギプスを巻いた状態のレントゲンです。

横からのレントゲン写真(左側)でも、
正面からのレントゲン写真(右側)でも、
きちんと骨があるべき位置に戻っていることがわかります。

この状態でリハビリしながら3週間固定します。 
  左は固定後3週間のレントゲンです。 

この時点で骨の状態が良かったので、
ギプスを除去しました。

その後のリハビリは元の可動域を取り戻すために、
2週間前後手首を動かす運動をしますが、
子供さんの場合、自然に手を使うことで、
動きが取り戻せるので、
リハビリとして、特別なものは必要ありません。
症例A 
  12歳の男の子です。

受傷してすぐに来院した時点で、
左の手首がくの字になっているので、
明らかに骨折がわかりました。 

こういう状況で注意が必要なのは、
手の痺れがないか、
血管の拍動がしっかりとあるかなどです。
  左が来院時のレントゲン写真です。

橈骨がずれていることが明らかにわかります。

骨端線の損傷度合いははっきりとはわかりませんが、
こういったケースで無理に元に戻そうとすると、
逆に骨端線を傷つけてしまう恐れがあります。

こういった骨折の場合、
愛護的にゆっくりと引っ張って骨を元の位置に戻していきます。 
  骨が元の位置に戻ったところで、
ギプスを巻いて固定します。

骨折した橈骨の位置でギプスを押さえて、
骨折部分が動かないようにして固定します。 
  左の写真は5週間後のレントゲンです。

完全に骨がくっついています。

 
  手を上にひねっても、 下にひねっても、
痛みもなく、スムーズに動かせます。

手の機能も問題なく元に戻ったことがわかります。
症例B 
  次は7歳の男の子です。 

この症例は、骨端線の損傷は免れたのですが、
橈骨と尺骨の両方が折れてしまった例です。

左は、ずれた骨を元に戻して、
ギプスをした状態の写真です。

  ギプスをして1か月後、
固定を外して手の機能を見てみると、
少し腫れがまだ残っていました。
 
  正面から左右の手首を比べてみると、
少し右の手首が曲がっているように見えます。 
  レントゲンを撮ってみると、
横からの写真では奇麗に戻っているように見えます。 
  正面からのレントゲンでは、
右手首が少し曲がっていることがわかります。

骨折部分は骨の成長に伴って修復されてきます。
これを「リモデリング」といって、
元の骨の形に近づくように身体が修復しようとする反応です。 
  その後、ギプスを外したままでさらに1カ月経過を見ました。

すると、段々修復の兆しが見えてきました。

横から見たレントゲン写真では、
隙間が埋まっていました。
 
  正面から見たレントゲンでも隙間が埋まり、
前回の写真と比べても、
くの字に曲がっている状態が改善されてきているのがわかります。 
  さらに1か月後のレントゲンです。

骨端線も損傷されずに保たれています。

骨折した部分もわからないぐらいになっています。 
  書面から見たレントゲンでも、
段差が修復されて、
良い方の手首と比べても違いがないくらいに戻っています。 



今回は橈骨の骨折でも子供さんの場合を特集しました。

子供さんの骨はおおせいな修復能力(自己回復能力)があります!

多少の段差も元通りになります!

このページでも少し違いを比べてみましたが、
大人で、高齢者の場合と比べて見ていただくと、
違いがさらに良くわかると思います。


橈骨骨端線離開は、骨折部分のずれが大きかったとしても、
このページで見ていただいたように、
きちんとギプスで固定することによって治ります。

怪我をした後で、大げさなギプスをすることは少々抵抗がありますが、
ちゃんと整復してギプス固定をすることで、手術をしないで治ります!


home   top