古東整形外科

単純性股関節炎

キーワード : 子供の股関節の痛み、股関節が痛くて歩けない、子供が足を引きずって歩く



子供さんの股関節痛をきたす疾患で多く見られるのがこの単純性股関節炎です。

その病因、病態には特有の原因はまだ分からないのですが、
過去の報告によると、風邪などのウイルス性感染症にかかった後に、
3割の患者さんが発症したといわれています。

発症する年齢は4〜6歳ぐらいに多く見られ、
2割ぐらいは複数回発症するケースもあるという報告もあります。

ここでは、実際の患者さんの状態をご覧いただき、
単純性股関節炎について御説明したいと思います。

下の動画は単純性股関節炎と診断された患者さんの動画です。

短い動画ですが、右の股関節の痛みのために足を引きずっている様子がわかります。



この病気は急に痛くなり、1週間から10日ぐらいで痛みが消失するのが特徴です。

以下でどのように診断するのかをご覧いただきたいと思います。

  左の図は股関節のエコーを撮るときに、
どのような角度で画像を撮るのかというラインを表しています。

赤いライン(縦走査)で示した画像を下で見ていただきます。 
  上の図の縦走査で切ると、
左の図のようなエコー像になります。

大腿骨頭の上にある緑矢印で示した部分は
骨頭の軟骨部分を示しています。

黄色矢印の部分は関節を取り巻く組織が写っています。

 
  赤矢印の先、黄色矢印で挟んでいるところに
黒い空間が見えます。

これは関節の中に水がたまると、
関節の隙間がふくらみます。

レントゲンではこういった画像が写らないので、
骨には異常なしとなることが多いのですが、
エコーをかけてみることで、
はっきりわかります。
  では、実際の患者さんの症例をご覧いただきたいと思います。


7歳の男の子ですが、当日朝から急に痛みを訴え、
歩けなくなって来院されました。

当日の体温は36度ぐらいで、風邪の症状もありませんでした。

股関節は右側の痛みを訴えていましたが、
明らかな腫れは見られませんでした。
 
  しかし、押さえると右股関節の骨頭部分に痛みがあり、
痛みのために股関節の動きの制限もありました。

 
  レントゲンを撮ってみると、
骨の異常はなく、
股関節の形状も変形などを認めませんでした。 
  エコーを撮ってみると、
左側の股関節の画像に上で見てきたような、
水がたまっている黒い画像が見えました。 
  3日後のエコーです。

初日に比べて、黒い影が薄くなってきて、
関節の中にたまった水も引いてきているのがわかります。

この時点で痛みも全くありませんでした。 
 
  次は9歳の女の子です。

4日前より、痛みのために歩くのが辛くなったので、
近くの病院を受診されましたが、
レントゲンで異常なしといわれました。

その後、症状の軽快がないので、
当院を受診されました。

2日前には37度の発熱がありましたが、
当院に来られた日には熱は治まっていました。

痛む股関節のエコーを撮ってみると、
赤色矢印で示したように、
関節に水がたまって黒く写っている映像が見られました。 
  同じ時に、反対の健常な関節もエコーをかけて、
比較してみました。

黄色矢印の先が示す部分が、
上の写真の赤色矢印 の示す部分とずいぶん違っています。

そこで、股関節炎と診断し、経過を見ることにしました。
  初診時から1週間後のエコーです。

ほぼ、関節の中の炎症も治まって、
正常側のエコー像と同じようになっていました。

この時点で痛みも消失していました。 
 
  次は10歳の男の子です。

3日前に特に原因も無く、右股関節が痛み始め、
歩くときに足を引きずるようになりました。

エコーを撮ってみると、赤色矢印で示したように、
水がたまって黒く写っている画像が見えました。 
  良い方の左股関節の画像と比べてみると、
骨頭周辺の違いが良くわかります。

この患者さんも、数日で痛みは消失しました。 
 
  次は12歳の男の子です。

急に左の股関節が原因も無く痛み始め、
足を引きずってあるようになり、
来院されました。

レントゲンを撮ったところで、
特に骨の異常は認められませんでした。 

このような症状の患者さんの歩き方は
下のビデオのようになります。

 
  エコーを撮ってみると、
赤色矢印で示した先の部分に、
水がたまっている黒い画像が見えました。 
  右の健常な股関節と比べると、
違いが良くわかります。

この患者さんも、数日で痛みが消失しました。

このように単純性股関節炎は、
最初にエコーで確認すると病態が良くわかります。

そして経過は3〜1週間で痛みが無くなることが
お分かりいただけたと思います。 



以上のように単純性股関節炎は炎症止めを飲んで、
数日安静にし、様子を見るだけで症状は治まってしまいます。

子供の股関節痛は、親御さんとしては非常に御心配だと思いますが、
単純性股関節炎の場合には1週間ぐらいで治まります。


しかし、痛みがなかなか変わらなかったり、
熱がなかなか下がらない場合には他の関節性疾患を疑うので、注意が必要です。

お子さんが股関節痛を訴え、
上にあるビデオのような歩き方をされる場合には、
単純性股関節炎なのか、他の関節疾患かを見極める必要があります。


お子さんが股関節痛を訴えられた場合には、
ぜひ早い目に整形外科を受診されることをお勧めします。






home next top