「古東整形外科」 「末梢神経障害シリーズ」より

手根管症候群



手がしびれるという疾患で、「首からの原因です」といわれていたものが、
実は手首で神経が圧迫されて痺れがでている場合があります。

この疾患の名前を「手根管症候群」といいます。

手根管症候群に代表されるような神経が圧迫されて起こる疾患のことを
「絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)」といいます。

このページでは、上肢の絞扼性神経障害のなかでも最も多い
「手根管症候群」についてご説明します。


下の絵にあるように、朝起きた時に手がしびれて眼がさめるとか、
痺れた手を振ったら、楽になるという経験はありませんか?

そういったときに「手根管症候群」が疑われます。


水色とピンクで表した範囲が
手根管症候群でしびれる範囲です。



特に水色の部分は手根管症候群特有のしびれる範囲で、
人差し指と中指の指の腹の部分に特に強く痺れが出ます。



  左の図でピンク色で示した神経を「正中神経」といいます。

この神経は首から出て、枝分かれして腕を通って、
前腕部の真ん中を走っていきます。

手首の真ん中で、「屈筋支帯」で囲まれたトンネルの中をくぐって、
親指、人差し指、中指の感覚と筋肉の運動をつかさどっています。

この「正中神経」が先ほど述べたトンネルの中で
圧迫を受けたものを「手根管症候群」といいます。
 
   手首の周りの神経の走行を表したのが左の図です。

黄色の線で示したものが「正中神経」で、
親指の付け根の部分の筋肉を司っていて、
親指で物をつまむような動作にこの筋肉が働きます。

また、この神経は上の知覚障害の図で示したように、
親指と人差し指と中指と薬指の内側の感覚を担当していて、
この神経が圧迫されると、その部分が痺れます。
   手根管の中は、正中神経のほかに
指を曲げる腱や親指の先を曲げる腱が走っています。

このように狭いトンネルの中をいろんな組織が走っているので、
手首を動かしたときに何らかの刺激を受けやすい状況にあります。

特に手首を上に上げたり、下に下げたりという動作は
手根管の内圧を高めてしまう動作なので、
手をよく使う仕事の方や、妊娠や出産で腱鞘炎を起こした方に
この疾患は多く見られます。

   手根管を上から見たのが左の図です。

屈筋支帯の下をオレンジ色で示した正中神経が走っていることがわかります。

水色で示した部分は、トンネルの中を並行して走る指を曲げる腱の腱鞘です。

横にある図は手根管を輪切りにした図ですが、
手根管の中はゆとりがあり、正中神経も圧迫されずふつうの状態にあります。
  指先を過度に使いすぎることで、この腱鞘に炎症がおこり、
腫れることによって、正中神経が圧迫されて痺れが出ます。

圧迫された神経は、一時的に神経に血流が途絶えてしまい、
扁平化してしまったり、炎症を起こしてしまって、
神経が窮屈な状況になってしまいます。

そして、しびれ感や痛みが生じます。

   さらに圧迫が長く続くと、正中神経の一部がふくらんでしまいます。

長く圧迫されているので、神経からの信号もおくられることが少なくなり、
母指球筋という親指の筋肉も痩せてきます。

こういう状態であると、かなり症状が進行、
物をつまむ動作がしづらくなります。
  症状は朝起きると手が痺れていたり、
手首を振ると痺れが楽になるということが見られます。

また、周産期の女性の方はホルモンバランスが原因となったりして、
手根管症候群になることがあります。 
  診断は、手根管部分を叩くと痛みがあったり、
手首を下向きに合わせると痺れが増強する傾向があります。
  補助診断としてエコーを撮ってい見ますと、
赤矢印のところで、神経が圧迫されることによって、
矢印の左側は神経が厚く写っていますが、
右側では厚みが薄くなっています。 
  左の写真で2つの+印の間にあるのが正中神経です。

健常な左側の写真の神経は楕円形をしていますが、
圧迫されている右側写真の神経は扁平に写っています。 
  正中神経の横走向を見たものが左の図です。

左側の矢印のところでは正中神経は太く写っていますが、
右側の矢印のところは圧迫を受けているので細く写っています。 
保存療法(固定療法) 
  手術しない治療方法は、手首を固定して安静を保つというものになります。

取り外しができるようにベルトで固定します。

夜寝ている間つけていただけるようにアルミの軽い素材でできています。 
   最近では、お湯で温めて型を取ることで、
よりフィット感がでる素材を使っています。
   従来の反対で、手の甲側に固定具をつけています。

状況によれば、日中でも固定具をつけたまま手先を動かすことができます。
  手の平側には邪魔になるものが少ないので、

手先は比較的自由に動かすことができます。 
   以下では、当院リハビリスタッフが過去に
固定装具療法を行った治療成績を示しています。

Grade1(軽症)〜Grade3(重症)までを比較して見ています。
全35例中、Grade1が15例、Grade2が12例、Grade3が6例としたとき、
結果がどうであったかを以下に示しています。
   検討した項目は左のように、
自覚症状として手指のしびれ感と、
動作をした時の痛みの程度と、
日常生活動作の不自由感について調査しました。

  その結果は、しびれ感や労作時の増強感は軽症例で、
固定療法の効果があることを示しました。

 
  また、日常生活動作においても、
軽症例ではかなり支障がないくらいまで改善していました。 
   中程度の症例群では、
固定することで、若干効果も見られますが、
軽症例ほどはっきりとした症状の軽減は見られませんでした。
  日常生活動作においては、症状の改善が見られています。 

以上のことから、固定療法は初期の手根管症候群に有効であり、
まずは固定療法を行うことが有効であることを示しています。

約3カ月ぐらい固定療法を行ってみて、
症状改善が見られなかったり、痛みのために仕事にならなかった場合には、
手術療法が適応されます。
症例1 
   実際の患者さんの手を見てみましょう。

左の写真は56歳の女性で、左手の使いにくさと痺れを訴えて来院されました。

手の使い過ぎによって生じた手根管症候群の方です。

左手の薬指の真ん中(青い線で示した部分)を境にして、
親指側がしびれています。
   指を動かしていただくと、右手はうまく○が作れますが、
左手は奇麗な○が作れません。

これは対立といって、
親指と他の指が向かい合うような動作をいうのですが、
この動作をするには母指球筋がうまく働くことが必要です。

 
   横から両手を比べてみると、
左手の親指の付け根部分の筋肉が右手に比べて
薄くなっていることがわかります。 

母指球筋が委縮していることから、
手根管症候群による弊害が出ていることがわかります。

このように、以前から症状があっても放置していて、
時間っがたってしまって、あまりにも痛みが強くて、
日常生活にもかなり支障をきたしている場合には
手術適応になることもあります。
症例2  
   70歳の女性の方です。

2カ月ぐらい前から手の痺れを感じていましたが、
物がつまみにくいということはありませんでした。
   横から見ると、左手が少し変形していることがわかります。 
   レントゲンを撮ってみると橈骨遠位端骨折が以前にあって、
関節部分が若干変形しているのが原因で
手根管症候群を発症したことがわかります。 
   このように、骨が変形することで、神経の通り道を圧迫してしまい、
痺れの原因となっていることがわかります。

こういったケースの場合も、
手根管部分での神経の圧迫を取り除く手術を行います。 
症例3  
    この方は54歳の男性です。

前年より手がしびれていたのですが、他院で首が原因であるといわれ、
頸椎の牽引などを行っていましたが、まったく効果がなかったので、
当院へ相談に来られました。

赤矢印のところで、母指球筋の委縮が見られます。
   レントゲンを撮ってみると、
手根骨と呼ばれる手根管を形成する骨の一部がつぶれてしまって、
手根管そのものが狭くなったことが原因で症状がでてきたと考えられます。 
   赤矢印で示したところの骨が左手と比べてみると、
小さくなっていることがわかります。

この方は結局手術をして、症状が軽快しました。 

術後の予定は

点滴(抗生剤入り);2〜3日

手術の傷は3〜4cmぐらいです。
患部は皮下で縫ってあるので、
皮膚表面はテープで止めてあるだけです。
濡れないように、さらにもう一度上からテープを貼ります。
ですので、抜糸の必要はありません。

患部の固定;1週間程度(包帯でゆるく止める程度です。)

入浴;患部を濡らさなければ翌日より可能

食事;手術当日は軽食で

リハビリ;翌日より指先の運動を開始 

手術後の経過は術前の症状の程度や、罹病期間によって個人差がありますが、
仕事や家事に早期に復帰できます。入院の必要はありません。

 



手根管症候群は、まず手の使い過ぎが原因で出てくることがほとんどなので、
固定療法で手を休めることで大部分改善します。

できるだけ早い段階で治療を開始することによって、
回復も早くなります。

ですのでできるだけ早い段階で治療を始めることが大切です。

首が原因だといわれていても、
手のしびれや痛みなどの症状が改善しない場合には、
ぜひ当院まで御相談にお越しください!


home next top