古東整形外科

関節リウマチの治療を
自己免疫の仕組みから考える

キーワード : リウマチ、自己免疫疾患、関節の痛み


先のページで治療の変遷を御紹介しました。

自己免疫の仕組みから治療を考えると、
どの段階で対処するかによって治療の方法が変わってきます。

生物学的製剤は自己免疫のどの部分に作用しているのかについて、
このページの以下で御紹介します。


   ウイルスの侵入
 
     
白血球
Th0 
 → 白血球の遺伝子異常
Th1、Th2、Th17 
  炎症物質の
産生・誘導 
サイトカイン
TNFα、IL1、IL6
  関節の破壊 
破骨細胞、
滑膜細胞の増殖
  体の破壊 
                 
 治療    白血球の除去    炎症性サイトカインを
中和・除去

   炎症止め   関節破壊の予防
機能の維持 
 
まずい!
生物学的製剤が来た!
 円形吹き出し: サイトカイン!
逮捕する!!

         炎症物質の産生・誘導をしているスパイを見つけ出し、
その作用を押さえます。  

この場面で用いられる薬品は「生物学的製剤」といいます。

今までの抗リウマチ薬は免疫の異常を修復することで、症状を改善する働きがありましたが、
「生物学的製剤」は免疫異常を起こす根本を止めるので、関節破壊の進行を防ぎます。

「生物学的製剤」はスパイを逮捕して、
悪さをさせない警察のような働きをしています。




 home back next