「古東整形外科」 「疲労骨折シリーズ」より

サッカーをしていて股関節・骨盤が痛い!
(恥骨骨炎・上前腸骨棘裂離骨折・下前腸骨棘裂離骨折・坐骨結節裂離骨折)


スポーツの怪我の中で、サッカー特有のけがというのもあります。

競技特性上、強くボールをける瞬間に何かしら足に痛みが走るということがあります。

股関節や骨盤周辺に痛みが走る場合には、骨折していることすらあります!

では、どこがどうなっていてそうなるのかということを以下で説明したいと思います。





   左の図は骨盤部分の絵です。

骨盤はいろいろな骨の組み合わせでできています。

骨盤の周りにはたくさんの筋肉がついていて、
腰にまたがる筋肉、膝にまたがる筋肉などがあり、
足の運動に関連する筋肉が集まっています。




  左の図は骨盤に付着する筋肉の付着部を表したものです。

骨盤につく筋肉は付着部に強い影響を与えます。

繰り返し同じ部分を引っ張るような力が骨にかかると、
その部分で疲労骨折をおこしたり、
強い筋肉の場合だと、
引っ張る力が強大なので骨がはがれたりすることもあります。 
  左の図は骨盤の図です。

上の図は正面からみた骨盤で、
下の図は骨盤を下側から見たものです。

赤い丸で囲んだ部分を「恥骨結合」といいます。

下の図の青色部分は軟骨成分でできています。

軟骨ですので、多少の柔軟性があります。

しかし、柔軟性があるがゆえに、
この部分に度重なるストレスがかかると疲労骨折が起こったりします。
恥骨骨炎 
   左の図が「恥骨結合」の部分を正面から見たものです。

赤色で示した部分は恥骨結合部のそばにある骨が
炎症を起こした場合に変化が生じる場所を示しています。

レントゲンを撮って、変化がわかる場合もありますが、
MRIでの診断の方がより正確に診断できます。
  20歳アメリカンフットボール部所属の男性です。

もともと主訴は鼠径部が痛いということで来院されました。

いよいよ練習で走れなくなり、練習ができなくなったので、
再び来院されました。

MRIを撮ってみると、右恥骨部に白い信号の変化があり、
その部分で骨の炎症が起こっていることがわかり、
疲労骨折であると診断されました。 
  別の角度でMRIを撮ると、
右の恥骨部分に同じく信号変化がありましたが、
恥骨結合部分には何も信号変化がありませんでした。

ですので、恥骨結合部分での痛みは骨に由来する
疲労性の疾患であると考えられます。

MRI の発展によって、「恥骨骨炎」という診断が可能になってきました。 
  MRI が導入されるまでは、「恥骨結合部分での炎症」と思われていましたが、
実際には、恥骨自体の骨の中に微細な骨折が生じて炎症反応がおこり、痛みとして感じられることがわかってきました。

 「恥骨骨炎」のイメージ図が左の図です。
骨の中に炎症がおきています。
   どうして、この部分にストレスがかかるのでしょうか?

左の図のように、腹直筋の引っ張り上げる作用と、
内転筋といわれる大腿を内側に寄せる力が
同じ部分にかかってきます。

ダッシュ時に屈んで前に走りだしたり、
屈んで強くボールを蹴るなどの動作をすると、
恥骨の同じ部分に強いストレスがかかります。

こういったストレスが繰り返されることにより、
疲労骨折が起こります。
  今度は別の患者さんです。

17歳サッカー部所属の男性です。

1か月前からボールをける瞬間に鼠径部に痛みがあったのですが、
練習はできていたので様子を見ていました。

しかし、10日前の試合中に激しい痛みを感じたので来院されました。 

MRI を撮ってみると、左右の恥骨に骨の輝度変化がありました。
  さらに別の角度から見ると、はっきりと両側の恥骨に疲労骨折を疑わせる所見がありました。

ですので、練習はボールをけることとランニングの量を控えて、様子を見ることにしました。

練習量を減らして、1か月後に痛みが消失したので、その時点で練習に完全復帰しました。 
上前腸骨棘裂離骨折 
 
骨盤の周辺には先にも述べたように
足にまたがる筋肉がたくさんついています。 

上前腸骨棘と呼ばれる部分には左の絵のように、
縫工筋と大腿筋膜張筋と呼ばれる筋肉の腱が付いています。

その筋肉の作用により、
ダッシュやジャンプ時の一瞬の強い収縮時に
骨をはがしてしまうことがあります。

特に、スタートダッシュ時や、ゴール前の加速時に多く見られます。
   左のレントゲンは、16歳男性サッカー部の方です。

1か月前に痛みが生じたのですが、
痛みが治まらず、来院されました。

レントゲンを撮ってみると、
赤丸で囲んだ部分の骨が少しはがれているのがわかります。

約1ヶ月間の練習の中止をし、経過を見ました。
   この疾患は左のグラフで分かるように、
15〜16歳ぐらいの年齢でよく発症することがわかります。

骨が成長して、ちょうど完成しようとする時期に
運動量が増えて一回の強いストレスによって
未完成の骨がはがれてしまうことがわかります。
下前腸骨棘裂離骨折 
  下前腸骨棘裂離骨折とはどんな疾患かというのを示したのが左の図です。

大腿直筋によって下側に引っ張られ、
骨がはがれてしまいます。
   15歳の野球部所属の男性ですが、
前日サッカーをしていて、
ボールをけった瞬間に右の股関節が痛くなって
歩けなくなり来院されました。

正面のレントゲンでは、はっきりとどこが悪いのかわかりません。

でも、角度を変えてレントゲンを撮ってみると、
どこが悪いのかがわかります。
  実際にどこが痛かったのかというと、 
左の写真の×印が付いている部分です。

上の×印は上前腸骨棘部分を表しています。

今回痛かったのは、下の×印の部分です。

ここは「下前腸骨棘」といって、また別の筋肉がついている部分です。

この部位に腫れと圧痛が強くありました。
   別角度でレントゲンを撮ってみると、
↑の先に三日月形に骨が薄くはがれていることがわかります。

   エコーを撮ってみると、
↑の先に示したように、はがれた骨の位置関係がわかりました。

   さらに別の角度からエコーで診てみると、
患側では、赤↑の先にはがれた骨片があることがわかります。

この骨片は水色↑の方向に
筋肉が引っ張ったことが原因ではがれたのだとわかります。

右側の健側の写真と比べてみると、
骨がはがれている状態がよくわかります。
 
  次はまた別の患者さんの写真です。

サッカーの試合でボールを空蹴りしたとき激痛が走り、
歩けなくなり来院されました。

×印の部分に圧痛があり、
特に↑の先の部分が痛みました。

 
   左右を比較して股関節のレントゲンを撮ってみると、
右の↑の先に骨がはがれているのが写っています。

治療としては、
痛みのある間は歩行時は松葉杖をついてもらいますが、10日ぐらいすれば痛みも無くなるので、
その時点で松葉杖をとります。

ストレッチなどをしながら、
ゆっくり筋肉の柔軟性を高めることも並行して行います。
   3週間後にレントゲンを撮ると、
骨癒合が見られ、痛みも無かったので、
練習を再開しました。
 
  次は15歳のサッカー部所属の男性です。

2日前のサッカーの試合中、走ろうとしたときに、
左股関節に音がして走れなくなったということで来院されました。

赤い矢印で示したところに圧痛があり、
その周囲に腫脹も見られました。
 
  レントゲンを撮って左右を比較すると、
左の下前腸骨棘に裂離した骨片が認められました。
 
  左右の股関節を別の角度で撮影してみると、
はっきりと裂離した骨片が骨盤から剥がれており、
明らかに開きも見受けられます。
(赤色矢印の先)

ですので、松葉杖を使って、
体重をかけずに歩行していただくことを指導しました。 

 以下で、治療の経過をご覧ください。
 初診時 1〜2週後  1カ月後   2カ月後
 


 
   
       
上の写真は初診時の
正面から見たレントゲンと、
角度を変え股関節のみを見たレントゲンです。

どちらのレントゲンにも左股関節に
はっきりと剥がれた骨片が写っています。
上段の写真は1週間後の
エコー画像です。
赤矢印で示した部分に白く仮骨の形成が見えます。 
すでに骨の修復が始まったことがわかります。

下段の写真は2週間後のレントゲンです。
この時点でレントゲンでも仮骨形成が確認できました。
1か月後のレントゲンでは
仮骨形成がしっかりできているのが確認できます。

この時点で、痛みも無くなっていました。 
 2カ月後のレントゲンでは完全に骨癒合が見られました。

初診時にあった隙間が埋まっているのが良くわかります。

この時点でスポーツ復帰を許可しました。
 坐骨結節裂離骨折
  今度は坐骨部分といって、
椅子に座ったときに当たる部分での骨折です。 

この部分は大腿二頭筋をはじめ、
腿を後ろへ引く作用のある筋肉がこの坐骨結節についています。
それらの引っ張る力によって、骨がはがれてしまいます。
  クラブでサッカーの練習中にお尻のあたりの付け根が徐々に痛くなり、我慢できないぐらい痛くなって来院されました。

骨盤右下の↑部分の先に骨が少し薄くなっている部分があります。 
   別の角度で撮ってみると、
はっきりと骨がはがれているのではないのですが、
筋肉の付いている部分で骨の形状が変形しています。

この症例は裂離骨折ではないのですが、
繰り返す坐骨部分での筋肉の牽引により、
骨の炎症を起こしたものだと考えられます。

1カ月ぐらいの練習の休止によって症状が改善されたので、
痛みが消失した時点で練習復帰されました。
腸骨稜骨端線離開 
   腰の横の部分で上半身をひねると痛みが生じるときがあります。

こういうときには腸骨稜という骨盤上部のカーブ部分で、
骨がひきはがされて痛みが生じることがあるのです。

この疾患を「腸骨稜骨端線離開」といいます。
  12歳の女性で、陸上競技部に所属している方です。

練習中に強く腰をひねった時に痛みを覚え、
練習が続けられなくなって来院されました。

レントゲンを撮ってみると、左の写真の↑の先部分で、
骨がはがれていることがわかりました。 

右側の健側と比べてみると、
骨端線と呼ばれる軟骨部分の開き具合の違いがよくわかります。

練習を中止し、様子を見ました。
  1か月に骨端線離開が起こった方のレントゲンを見ると、
患側に近いぐらい開きが治まっているのがわかります。

この時点で痛みも無くなり、練習に復帰しました。 



サッカーに限らず、症例を紹介しましたが、
股関節周辺で痛みが急に生じるケースは注意が必要です。

こういった疾患にならないようにするには、
日頃からの大腿部や股関節のストレッチが大切です!

極力患部に疲労を残さないようにしましょう!

だいたいの場合は手術の必要もなく、
練習を中止し、経過をみることで治ります。


股関節周りに長引く痛みがあるときには、
早い目に整形外科を受診してください!

痛くて辛くて我慢できなくなってしまってから病院へ行くより、
痛くなり始めた時点で病院へ行った方が早く良くなります!

お子さんに多い疾患ですので、
指導者や親御さんも是非気をつけてあげてくださいね!


home