古東整形外科

第20回日本柔道整復接骨医学会学術大会
(千葉大会)


患者さんへより良い医療技術を提供するべく、
当院スタッフは日頃研鑚に励んでいます。

また、毎年その結果をまとめて、学会発表を行い、 
さらにその成果を広めるべく努力しています。

本日は、2011年10月22〜23日、千葉県幕張メッセで行われました
第20回日本柔道整復接骨医学会学術大会の模様をご覧いただきたいと思います。

  今回発表されたのは、
佐野先生、中松先生、小西先生、松吉先生、小澤先生の5名です。

それぞれ、いろいろなテーマで学会に臨みました。

当日は天候にも恵まれ、学会会場は非常に盛況でした。

この学会は年に一回の全国大会で、
日本各地から多数の聴講者が来られていました。 
  22日、最初の演者は中松先生です。

トップバッターとして少々緊張の面持ちです。

  今回の演題は
「軟式少年野球部捕手に発生した外側型野球肘の稀な一例 
〜上腕骨小頭骨端線離開〜」です。

野球少年の障害で数少ない症例の発表でした。

非常に細かく分析して、わかりやすい写真や図を使っての発表でした。

フロアーからの質問もあり、調べてきた内容を存分に活かして、
質疑応答にも十分に答えることができました。
  次は、佐野先生です。

過去にも何度か学会発表をしているので、余裕ですね〜!

 
  演題は「仙骨疲労骨折の一例」です。

スポーツ傷害の中で稀な症例ですが、
接骨院からの紹介で来られた患者さんの一例を発表されました。

仙骨疲労骨折の病態や発生メカニズムなど、
過去のいろいろな文献から考察を行って、
充実した内容でした。

完治までの期間など、患者さんの経過についての質問が上がりました。

質問者にも納得してもらえるような応答ができて良かったですね! 
  次は松吉先生です。

昨年は学生時代に研究された内容で発表されましたが、
今回、古東整形外科スタッフとして行った研究内容で発表されました。

 
   演題は「有痛性分裂膝蓋骨に対する骨癒合を目的とした保存療法」です。

当ホームページでも御紹介していますが、
年々、当院で分裂膝蓋骨の保存療法を行うケースが増えて来て、
好成績をあげています。

その成果について発表されました。

治療成績が良く、興味深い内容でもあるので、
質問内容も多義にわたり、
会場の参加者も、
この演題に非常に興味を持っておられるのが良くわかりました。
  23日には小西先生が発表されました。

初めての学会発表で少々緊張気味ですね〜! 
  演題は「腰部のスポーツ傷害再発予防への取り組み
〜コアスタビリティトレーニングの有効性〜」です。

従来、リハビリで行っていた腰痛の治療から
新しいトレーニング方法を取り入れ、
好成績をあげていることについて報告されました。

今回は一例の報告だけでしたが、
現在、より多くの患者さんを診ているので、
今後さらにこの研究内容が充実してくることと思います。 




小澤先生は「機能訓練型デイサービスにおける運動の効果について〜体力測定評価と要介護度の変化〜」について発表されました。

昨年4月から開設した運動型介護施設での利用者さんの体力状況の変化について発表されました。

その外、古東整形外科リハビリスタッフOBの先生も発表されて、
その内容を聞くために、さらに多くのリハビリスタッフOBの先生方も学会に駆けつけてくださいました。

今回の学会では、古東整形外科としての発表者も多く、
さまざまな視点から行われた研究の成果が発表され、
会場からの発表に対する反響があり、
いろいろな意味で充実した大会であったと思います。



学会終了後は、短時間でしたが、
移り変わる現在の東京を見学して帰ってきました。

これからも精いっぱい患者さんへより良い治療を提供できるように、
スタッフ一同がんばって勉強を続けていきたいと思います!


home top