古東整形外科

膝蓋骨不安定症の診断

キーワード : 膝の痛み、膝蓋骨脱臼、膝崩れ現象



膝蓋骨不安定症を診断する際には、
膝のお皿をつまんで、
その動き方をみます。

その方法には、2つあります。

以下、動画で御紹介します。



膝蓋骨が外へ逃げていくことがわかります。



また、別角度で見てみましょう。


上の2つの画像は、ダンスをしていて着地の際に膝の違和感を覚えて来院された方のものです。

膝を伸ばしきるときに、
膝蓋骨が急に外へ移動するのがわかります。

これをAPS(Active Pattella Subluxation)testと言います。


膝の違和感の原因は、
膝を曲げたときから、完全に伸ばすまでの間に
膝蓋骨が外へ逃げてしまうことが原因であると思われます。



 


もうひとつの診断方法を見てみましょう。




ベッドに足を投げ出した状態で、
膝蓋骨を移動させます。

その時に患者さんが脱臼しそうな不安感を覚えたり、
膝の違和感を誘発させたりすることで、
診断をします。

これをApprehension testといいます。


では、別の角度から見てみましょう。




上2つのテストは、
下の写真の状態を作り出し、
膝蓋骨の移動の度合いを見ています。


この様なテストによって、
膝蓋骨の状態を診断します。



膝蓋骨不安定症のリハビリについては
次のページで御説明します。




home back next top