古東整形外科

膝蓋骨の脱臼を放置しておくと
どうなるのでしょう?

(膝蓋大腿関節症)
しつがいだいたいかんせつしょう

キーワード : 膝の痛み、膝の腫れ、膝が曲がらない



いままで、膝蓋骨の不安定症の御話と、
膝蓋骨が脱臼してしまうケースの御話をしましたが、
その後、どんなしわ寄せなどが出てくるのでしょうか?

決して全員がそうなるわけではありませんが、
違和感を放置しておくと、
膝蓋骨や大腿骨の軟骨を傷めたり、
行き着くところは骨にまで影響が出るケースがあります。

そこで、以下に当院であったケースを御覧頂きたいと思います。

  左のレントゲン写真は一般に
膝関節の病気を調べるために撮られているものです。

右と左を比べて関節の隙間が違っていないか、
軟骨のすり減り度合いを見ています。 
  膝を横からみたレントゲンです。

大腿骨(太ももの骨)と脛骨(向こうずねの骨)の
間を見てずれが生じていないかなどを見ます。

また、大腿骨と膝蓋骨の位置関係や、
その間の隙間がどれぐらいあるのか、
また、膝蓋骨の位置はどうなっているのかを見ます。

一般に、上のレントゲンと、
左右の膝の横の写真の計3枚を撮ります。

しかし、当院ではもう1枚軸写と呼ばれる撮影方法で
レントゲンを撮って、
もう少し詳しく膝の関節の病態を探します。
 
  今までのページでも御紹介しましたが、
改めて、左の写真のようなレントゲンの撮り方だと、
膝蓋骨がどれだけ移動しているかを診るだけでなく、
大腿骨と膝蓋骨の隙間を見て、
軟骨が痛んでいないかどうかを診ることができます。 
   左の図は膝蓋骨の裏を見ています。

白いつるつるの面が関節軟骨です。

膝の曲げ伸ばしの時に大腿骨の溝にうまくかみ合って
関節がスムーズに動くようにします。
   
 上の図の水色の部分は大腿骨が膝蓋骨の軟骨と
接触する部分を示しています。
上の図の水色の部分は膝蓋骨が大腿骨と
接触する部分です。 
 上の左右の写真をみてわかるように、大腿骨と膝蓋骨は水色部分でうまくかみ合うようにできています。

しかし、膝蓋骨が外れるということが繰り返されると、
水色の咬み合わせ部分の一方だけに圧がかかって、
軟骨がすり減るという事態がおこります。

結果として、膝蓋大腿関節症という状態になってしまいます。
  以下のMRIは違う3人の患者さんのものです。

それぞれ膝の違和感を訴えて受診されたのですが、
膝蓋骨の軟骨面の病変が疑われたので、
その軸写を見てみました。

まず、左の1枚目の写真の方ですが、
赤い丸で囲んだ隙間がはっきりとあるのがわかります。

しかし、大腿骨の角が曲がって
とがっていることがわかります。

つまり、膝蓋大腿関節症の初期段階であることがわかります。
  2枚目の写真の方は、赤丸で囲んだ隙間が
上の方と比べて減っていることがわかります。

そして、大腿骨の角はすり減ってしまい、
黒く平坦に変形していることがわかります。

この状態だと軟骨はすり減ってしまい、
膝蓋大腿関節症が少し進んでいることがわかります。 
  3枚目の写真の方は、赤丸で囲んだ隙間が無くなり、
大腿骨の角はすり減ってさらに
軟骨部分が無くなってしまっています。 

膝蓋骨の軟骨も傷ついて、
すり減って無くなってしまっています。

この状態だと、膝関節が変形してしまって、
膝の動きがスムーズにいかなくなってしまいます。

  上の3枚のMRIで見てきたことを図に表すと、
左の図のようになると思います。

つまり、膝蓋骨が外に移動することで、
大腿骨側の軟骨がすり減ってしまって、
赤い丸で囲んだ部分の膝蓋大腿関節症が
生じていることになります。 

軟骨部分を守るためにも、
関節注射でヒアルロン酸を入れることが、
治療の一つになると思われます。
 膝蓋大腿関節症の進み具合を横からMRIで見たのが以下の写真です。
  赤丸で囲んだ部分の膝蓋骨の軟骨部分がすり減ってしまい、
骨が黒く写っています。

軟骨面が痛んだために骨にまで影響が及んでいることが
わかります。

 
  さらに関節症が進むと、左の写真の様に隙間が無くなり、
膝がスムーズに動かせなくなっていることがわかります。 
 以下の写真は膝蓋大腿関節症の方の膝を関節鏡で見たものです。
  次に見ていただくのは、
上のMRI写真とは違う方の関節鏡写真です。

 左の写真は関節鏡で大腿骨の角の部分を見たものです。

画面中央に写っている白い物体が大腿骨の軟骨面です。

この写真ではなめらかで傷がないことがわかります。
  左の写真は別の方の関節鏡写真です。 

画面中央部の大腿骨の軟骨面が毛羽立ってきています。

軟骨面がなめらかでなくなって、
傷ついていることがわかります。
  上の写真と同じ方の膝蓋骨と大腿骨の間を
カメラの向きを変えてのぞいてみると 、
膝蓋骨と大腿骨の両方とも軟骨面が毛羽立ち、
傷が付いていることがわかります。

レントゲンでは初期段階では分かりにくいこともありますが、
関節鏡で見れば、はっきりと傷がわかります。



膝蓋大腿関節症は一般に言う変形性膝関節症より見つけにくいものです。

症状や本人の訴えから病変を疑うこともできるのですが、
単純なレントゲン撮影では異常なしとかたづけられてしまうことがあります。

多角的に膝の状態を診ることで、
膝蓋大腿関節症は発見できます。

膝の違和感があるのに、異常なしと言われた場合でも、
専門的にもう一度診てもらうことで、
根本的な原因がわかることがあります。

膝の違和感を甘く見ないで、
専門医に診てもらうことで、
根本的な違和感の原因をつきとめ、
膝の問題解決をしていただきたいと思います。



home back next top