古東整形外科

日本柔道整復接骨医学会学術大会
(大阪大会)



さる11月22日〜23日に大阪国際交流センターにて行われました
日本柔道整復接骨医学会学術大会の模様をお伝えします。

こういう学会に参加することで、
いろんな考え方や新しい情報を吸収しようと思います!

当院スタッフは積極的に、
こういう学会に参加し、
常に最新の治療技術と、
自己の研鑽を怠らず、頑張り続ける姿勢を持とうと思っています!

毎年11月に全国規模で柔道整復師が集まる学会が行われます。

今年は地元大阪で行われるということで、
当院スタッフも、より力を入れて研究発表を行うように準備しました。

当院からは5人のスタッフが発表し、
古東院長はじめ、多くのスタッフ、OBも参加しました。
22日はシンポジウムで、小澤先生が発表しました。

今回のシンポジウムのテーマは
「柔道整復医療の最前線」でした。

実際の医療機関に勤務している柔道整復師として、
医療機関と柔道整復師との連携について発表しました。

「医接連携」というテーマは今までになかったもので、
柔道整復師と医療機関とのかかわりについて、
今後発展的な展開が期待できそうです。
翌日23日は当院から5名の先生が発表しました。

まずは、佐野先生です。

テーマは「見逃されやすい膝関節の外傷(Occult fracture不顕性骨折)の経験」です。

レントゲンで写らない骨折をいかに早く見つけて正しい治療を行うかということについて発表しました。

整形外科に努めている柔道整復師ならではのテーマです。

フロアーからの質問もあり、発表が終わった後も質問が多く発表は盛況でした。
次は三角先生です。

テーマは「神経因性疼痛に対する新たな運動療法の試み」です。

実際当院で行っている、ミラーボックス療法をはじめとする新しいリハビリの方法について発表しました。

こういうテーマで接骨医学会で発表が行われることは珍しいので、
今後もこの発表を通じて、同じような療法を行っている治療機関と交流が持てることを期待しています。
次は天野先生です。

テーマは「外傷性腓骨筋腱脱臼に対する保存療法」です。

このテーマについては、古東院長がこの医院の開設当初から取り組んでこられたもので、
約20年の間に得られたデーターを元に発表が行われました。

これだけの時間をかけて、データの収集や分析を行うことはなかなか難しいものです。

師匠である古東先生や他の先生方と発表内容がかぶらないように、
そしてさらに発展した内容になるように、天野先生も工夫をこらし、がんばりました。
次は、塩田先生です。

テーマは「鎖骨骨折における保存療法の治療成績」です。

このテーマは、夏にもほかの学会で発表したものですが、
さらに内容を吟味して、グレードアップしたものを発表しました。

この骨折は、病院によっては手術療法を選択されることが多いのですが、
如何に保存療法で、手術なしにきちんと骨折を治すかという、
柔道整復師ならではの視点で治療経過や成績などを発表しました。
最後は小澤先生です。

テーマは「整復位保持が困難な手指骨折に対するfinger trapを用いた整復固定法」です。

こちらも、夏に他の学会で発表したものです。

少しのずれも起こさず骨折を治すためにはどうしたらいいのかということについて、
現場で行っていることを発表しました。
日頃の仕事にプラスして、時間をつくり、
こういった場で研究発表することはエネルギーのいることです。

スタッフのこういった努力に「ご苦労様!」と言いたい気持ちです!

今回は、多くのスタッフで発表出来ました。

今後も自分で疑問やテーマを見つけてさらに研鑽していく姿勢を忘れないで頑張りましょう!





home back next top