古東整形外科

09年度 立命館大学戦




今年度の第4戦は、昨年大学日本一の立命館大学です。

今回の会場は、多数の来場が予測されるため、
万博エキスポフィールドから、京セラドーム大阪に変更して行われました。

過去に例のない大一番を迎えることとなりました。

京セラドーム大阪は、今回全勝どうしの大戦にうってつけの場所です。

広くて、きれいで、華やかな雰囲気の中で試合ができることに喜びを感じています。
当院スタッフは、前回の関学戦は帯同できなかったので、
今回、この大一番に帯同できて、期待と緊張の入り混じった思いです。
カイザースは、対立命館大学戦にかけて、特訓を積んできました。

メンバーの意気込みも、この一戦に関しては、ひとしおのものがあります。
試合は、前半から一進一退の攻防です。

過去にも前半で善戦することはありましたが、
後半で大差をつけられ涙をのんできました。

今回は、互角に昨年のチャンピオンと渡り合っている感じがします。
彼の活躍もあって、先制点は関大が奪い、
終始緊張した中でゲームが進んで行きました。

今日の一戦には、関大のアメフト部OBや現役の他のクラブの選手、父兄の皆さん、
チアリーダーも総動員で大応援団を形成しています。

フレー!フレー!カイザース!!
後半に入って、試合も熱気を帯びてくると、
けが人も徐々に出てきました。

我々スタッフの出番です。

けが人を診ているので、我々スタッフは試合状況が見れません。

でも、周りの歓声で、どうやらカイザースが有利に試合を進めているような感じがしました。

もしかすると…。
なんと!

14対7で、勝利しました!

勝利の瞬間は、大歓声とともに、その場にいることに、感動を覚えました。
当日の観戦者数は7000人と発表されました。

そのほとんどは関大サイドの応援だったような気がしました。

試合後のエールの交換時に校歌斉唱を聞いていると、
勝利の実感がわきあがりました。
監督と選手の試合後のミーティングの様子です。

周りに記者がたくさん来ているのがわかりますか〜?

それ程、今回の試合は注目度が高く、そういった試合に勝利したということは、
素晴らしいことだと実感します。

監督、並びに選手の皆さん、その他サポートスタッフの皆さん、
お疲れ様でした!

そして、おめでとうございます〜!!
試合後怪我をした選手のケアーをして、
次の試合もできるだけ選手が万全の状態でプレーできるように、
我々スタッフもがんばります!
今回、当院から帯同したメンバーです。

長年先輩方から引き継いで、試合に帯同していましたが、
こんなに感動した試合は初めてでした。

トレーナー活動を続けていて、本当によかったな〜と思いました。




home back next top