古東整形外科

09年度 京都大学戦



今年もアメリカンフットボールの季節がやってきました。

当ホームページでも、
関西大学カイザースの活躍をお伝えします。

今年も、アメフトの秋季リーグが始まりました。

トレーナーとして、10年以上、グランドに足を運び続けていると、
この時期になると、シーズンが始まるな〜という期待と不安とが交錯し始めます。
今年のチームは若い学年で有望な選手が多く、期待できます。

もちろん、上級生も経験が豊富で、みんなを引っ張ってくれています。

当院のスタッフは試合会場に足を運んで、けが人の応急処置をグランドのそばで行っています。
今年の第一戦は昨年4位の京都大学が相手です。

関大は昨年は5位でした。

昨年の成績を上回るためにも、この第一戦は非常に重要です。

初戦の結果は、チームの今後の勢いに直結します。
試合中、疲労がたまると足がつったり、怪我をする確率も高くなります。

出来るだけ合間を縫って、ストレッチングを入念に行うようにしています。

試合は前半から関大ペースで進み、前半だけでも21得点を挙げました。

もちろん、毎年上位に来る京大なので、油断は出来ません。
時には激しいあたりから、筋肉の損傷や打撲などの怪我が生じます。

迅速に対応することで、競技を引き続き行うことが出来ます。

我々スタッフは、試合中も選手の動きや表情などをみながら、故障の有無を判断しています。
この試合は、前半でかなりリードできているので、チームの雰囲気も盛り上がっています。
後半も、リードしているという心理的アドバンテージから、終始攻勢を守り、流れを相手に渡すことなく試合が進んで行きました。
試合の最後、サイドラインに部員全員が集まり、観客に挨拶をして、応援へのお礼をします。

今年は幸先よく、第一戦に勝つことが出来ました。

このまま勢いを持続して、上位チームに食い込むことが出来ればいいなと思っています!
試合は56対13と大差で勝ちました。

この調子で、次の試合も頑張ってほしいと思います。

今年も関大カイザースを当院スタッフは応援していきます。

当ホームページでも、カイザースの活躍をお伝えしていきたいと思います。

どうぞお楽しみに〜!




home next top