古東整形外科

甲子園ボウル
(対法政大学戦)


12月13日、阪神甲子園球場で行われました「全日本大学選手権決勝戦」の模様をおおくりします。



思い起こせば、ここまでよくやってきたものだと思います。

過去、幾多の挫折も味わいながら、
よくぞここまでたどり着いたという思いがあります。

選手はもちろん、学校関係者、OBの方々、その他関係者の方々も、
非常に感慨深いものがあると思います。


選手は、試合前のウオーミングアップ中です。

大学ナンバーワンを決める大一番直前、
選手だけでなく、関係者にも緊張感が漂います。
甲子園球場のアルプススタンドも観客で埋まり始め、
試合前の緊張と高揚感があふれています。

リニューアルした甲子園球場は芝生も奇麗で、
グランドから見たスタンドはまさに山の斜面のようで、
圧迫感さえ感じます。
(すごい〜!!)

芝生は短いのですが、ふかふかで、
スプリングがよく効いているベッドのようです。
(これが甲子園か〜!!すごいな〜〜!!!)
常にカイザースに帯同されて25年の柔道整復師の先輩先生と、
当院スタッフが今回もサポートさせていただきました。

試合前、ウオーミングアップしている選手の動きを見つめます。



今日の皆の調子はどうかな?

心配そうな表情ですね。

カイザースがんばれ〜!!!
ウオーミングアップ後、
一旦ロッカールームに帰り、
試合前のセレモニーに再びグラウンドへと出ていきます。

いざ、決戦のグラウンドへ!!!!

通路で待っている全員、緊張感もピークです!!!
ついに運命の決戦へ!

試合前、サイドラインに選手が整列します。



みんな怪我なく、実力を十二分に発揮してね〜!!!
ついに試合開始!

選手一同気合が入っています!


今日の試合も、もらいますよ〜!!!!
法政大学トマホークス、
サイズはでかいし、スピードも速い!

さすがは関東ナンバーワンのチームです。

実は、今年春の試合では36対0で完敗しているのです。



今度はどうかな〜!!

ぜひ勝ってほしいな〜〜!!!!
やはり、真剣勝負の大一番、
心配していた怪我人が出てしまいました…。



どんな具合かな?

ここはどう?どういうふうに痛む?

大丈夫かな〜?
試合は関大が前半を1点リードして折り返しました。

後半は84ヤードのキックオフリターンのタッチダウンや、
エースQBの数々の突進で得点を重ね、
さらにディフェンスのインターセプトなど、
カイザースの一丸となった試合運びが見られました。

法政大学の追い上げもすさまじいものがあり、
まったく気を抜く間もありません!

ドキドキするな〜!
ついに試合時間も、残り29秒。

スタンドから歓喜の瞬間へのカウントダウンが始まりました。

そして、62季ぶりに学生日本一の栄冠を手にしました!!!

おめでとう〜!!!!!!!
関大応援団のスタンドは超盛り上がっています!!

この日をどんなに待ち望んでいたか!!!!

拍手が鳴りやみません。



良かった!良かった〜!
終わってみれば、先制はされましたが、
点の取り合いを制して、
春の雪辱を晴らしました。

春は完敗したチームに、
このシーズンを通して、
選手、コーチ一丸となった強化の成果が出ました。

よくぞ、ここまで来たという感慨でいっぱいです!
試合後のセレモニーで、優勝トロフィーを授与されました。

あ〜、優勝したんだなぁという実感が、ひしひしと湧きあがってきます。

この日を夢見て、みんなよくがんばりました。

おめでとう〜!!!!
最後は、応援してくださった皆さんへ感謝をこめて、
選手一同スタンドへ一礼しました。

応援ありがとうございました〜!



甲子園ボウルに勝ったことで、
2010年1月3日東京ドームにて、
ライスボウルで
社会人日本一チームと対戦します。

ということで、
今シーズンは、この特集もまだ続きます!

来年のライスボウル特集をお楽しみに〜!




home back next top